F1ベトナムGP、2020年からの開催が正式発表

シェア
コメント
F1ベトナムGP、2020年からの開催が正式発表
執筆: Matt Beer
2018/11/07 9:19

2020年から、F1ベトナムGPが開催されることが正式発表された。

 2020年から、F1ベトナムGPが開催されることが、正式に発表された。

 motorsport.comでは先月、ハノイ近郊の公道コースを使ったグランプリの開催契約が合意されたと報じていたが、これが正式発表された格好だ。

 このレースは、リバティ・メディアがF1のオーナーに就任して以来、初めてカレンダーに追加されるグランプリということになる。

 リバティ・メディアは次のような声明を発表した。

「ベトナムGPを実施することは、F1のアジアにおけるコミットメントを表している。すでにアジアでは、シンガポール、中国、そして日本でのレースが定着している」

「これはまた、その魅力を広め、世界中の新たなユーザーにアプローチするというF1の戦略の一部となっている」

 F1のCEOであるチェイス・キャリーも、次のように語った。

「2017年にこのスポーツへの関与を開始して以来、我々はF1の魅力を広げるための新しい都市を探すことについての話をしてきた。そしてベトナムGPは、その野望の実現だとも言える」

「豊かな歴史と素晴らしい未来がある、世界で最もエキサイティングな都市のひとつとも言えるハノイにいることに、興奮を覚えている」

「これはグランプリレースの規格として完璧なモノであり、F1カレンダーの中での真のハイライトとなることを楽しみにしている」

 なおベトナムGPが開催カレンダーに加わることで、既存のレースが消滅することになるのかどうかは、まだ分かっていない。

 2019年のF1はすでに21戦が予定されている。そしてマイアミでのGP開催計画も、まだ残ったままである。

次の記事
ラッセル、ウイリアムズ入り目指し1年前から”プレゼン”で売り込み

前の記事

ラッセル、ウイリアムズ入り目指し1年前から”プレゼン”で売り込み

次の記事

佐藤琢磨がプリンシパルに就任、鈴鹿レーシングスクールが新体制へ

佐藤琢磨がプリンシパルに就任、鈴鹿レーシングスクールが新体制へ
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Matt Beer
記事タイプ 速報ニュース