レッドブル、アブダビGP後の若手ドライバーテストにはヴィップス&ブエミを起用

レッドブルは、F1アブダビGP後に行なわれるポストシーズンテストにユーリ・ヴィップスとセバスチャン・ブエミを起用する。

レッドブル、アブダビGP後の若手ドライバーテストにはヴィップス&ブエミを起用

 F1最終戦アブダビGP後に行なわれるポストシーズンテストにおいて、レッドブルはユーリ・ヴィップスとセバスチャン・ブエミのふたりを走らせることが明らかとなった。

 本来は若手ドライバーテストとして位置付けられていた今回のテストだが、F1での経験豊富なドライバーたちも今季のF1に出場していなければFIAの承認次第で参加できるという形に。これにより2度のF1王者であるフェルナンド・アロンソがルノーから参加することになったが、かつてトロロッソ(現アルファタウリ)で活躍したブエミも名を連ねることになった。

 ブエミは2009年からトロロッソで3シーズンF1を戦った後、フォーミュラEでチャンピオンに輝き、ル・マン24時間レースで3連覇を達成するなど、様々なカテゴリーで実績を残してきた。現在はレッドブルのテスト兼リザーブドライバーを務めている。また、F1マシンでの走行は高速クラッシュを喫したシルバーストンでのピレリテスト以来、約1年3ヵ月ぶりということになる。

「昨年のシルバーストンでのピレリテスト以来(F1)マシンをドライブしていないので、アブダビでのテストは僕にとって非常に重要だ」とブエミは語った。

「僕はシミュレータでの作業に多くの時間を費やしているし、実車をドライブする機会を与えられれば、(シミュレータと実走行の)相関関係がより良くなるからね」

「つまり、実車と比較してシミュレータでの挙動がどうなのかのフィードバックを得られるんだ。また、もうひとりのドライバーがチームにフィードバックを与えるという機会も与えられた」

「これは素晴らしいチャンスだし、とても楽しみにしているよ」

 そんなブエミと共にテストに参加するのが、レッドブル育成ドライバーのヴィップスだ。彼は型落ちF1マシンによる300kmのプライベートテストを完了しており、ブエミがWEC(世界耐久選手権)参加で不在の際はレッドブルのリザーブドライバーも務めていた。ただ現行F1マシンのドライブは初めてとなる。

「アストンマーチン・レッドブル・レーシングが、アブダビで行なわれる若手ドライバーテストに参加する機会を与えてくれたことに本当に感謝している」

 ヴィップスはそう語った。

「僕はRB8で300kmを走ったことがあるけど、現行のF1マシンを走らせるのは初めてだ」

「学ぶべきことはたくさんあるだろうから、できる限りの準備をしたい。またここ数レース、リザーブドライバーとしてチームに帯同することができて良かったと思っている」

 またアルファロメオもレッドブル同様、若手とベテランのコンビでテストに臨む。起用するのはリザーブドライバーのロバート・クビサと、今季のFIA F2でランキング2位となったカラム・アイロットだ。

 なお、クビサはアブダビGPのフリー走行1回目でのアントニオ・ジョビナッツィに代わってマシンを走らせる予定。今季5度目のFP1出走となる。

 

Read Also:

シェア
コメント
リカルド、サクヒールGPは最も”残念な”5位?「ペレスを勝たせてはならなかった」

前の記事

リカルド、サクヒールGPは最も”残念な”5位?「ペレスを勝たせてはならなかった」

次の記事

「ルクレールは“皇帝”のようになれる」フェラーリ代表、シューマッハーとの類似点を指摘

「ルクレールは“皇帝”のようになれる」フェラーリ代表、シューマッハーとの類似点を指摘
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Filip Cleeren