F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

2020年開催予定のF1ベトナムGP、バーチャルオンボード映像が公開に

シェア
コメント
執筆:
2019/04/24 3:36

F1のトラックデザインを手がけるティルケ・エンジニアリングは、ハノイで行われるベトナムGPのシミュレーションオンボード映像を公開した。

 2020年から開催される予定のF1ベトナムGPのバーチャル・オンボード映像が公開された。

 このレースはべトナムの首都ハノイ、ナムトゥリエム区に特設される公道コースで行われる予定。サーキットの起工式は、3月20日に現地で行われたばかりだ。

 今回公開された映像は、F1のトラックデザインを手がけるティルケ・エンジニアリングがシミュレーションを行ったものだ。

 コース序盤のセクションはコーナーの左右こそ違うものの、ニュルブルクリンクGPコースの1コーナーをモデルにしたという。

 また最終セクション、ターン16〜19は鈴鹿サーキットのS字コーナーと似た高速コーナーの連続。しかしながらランオフエリアは狭く、ドライバーにとってはチャレンジングな区間となるだろう。

 ティルケ社のCEOであり、トラックデザイナーのカルステン・ティルケは、自身がシミュレーションを行った結果、ファンやドライバーにとって素晴らしいサーキットになると確信したと、motorsport.comに語った。

「非常に素晴らしいトラックだ」

「通常、ストリートサーキットではできない、鈴鹿のS字のようなクラシックサーキットの要素と、市街地サーキットでしかできないことが組み合わさっている」

「私は何度かドライブしたが、とてもやりがいがあるコースだ。楽しいが、良いラップをまとめるのはとても難しい。そして、素晴らしいオーバーテイクポイントもあるから、レースも素晴らしくなると思う」

 公開されたシミュレーションは、ティルケ・エンジニアリング独自のデータを使ったトラックを『アセット・コルサ』のエンジンで再現したもの。アセット・コルサは、評価の高いドライビングシミュレーターとして知られるゲームだ。

「計画が発表された後、多くの人々がそれをモデル化しようとした。でも今は、この映像があり、何がどこにあるか全てが分かる。例えばTecproバリアがどこで、ブリッジはどこで、どこにフェンスがあるかなどね」と、ティルケは付け加えた。

2020 ハノイ市街地コース サーキットレイアウト

2020 ハノイ市街地コース サーキットレイアウト

Photo by: FIA

次の記事
あのセナと同格? ベルガー、ハミルトンは”特別なドライバー”だと最高評価

前の記事

あのセナと同格? ベルガー、ハミルトンは”特別なドライバー”だと最高評価

次の記事

マクラーレンの改革進む。サインツJr.、ザイドルのチーム合流に期待大

マクラーレンの改革進む。サインツJr.、ザイドルのチーム合流に期待大
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble