アストンマーチン、自慢の“緑色”をより見やすくする変更を計画中……しかし最低重量が問題に?

アストンマーチンは2022年シーズンにブランドカラーの緑の色合いを変更する場合、マシンの重量面で問題が出ないようにしなければいけないと語っている。

アストンマーチン、自慢の“緑色”をより見やすくする変更を計画中……しかし最低重量が問題に?

 アストンマーチンは2021年にレーシングポイントから改称する形でF1参戦を開始したが、彼らはマシンのカラーリングに弱点があると見ている。しかし2022年に色合いを変更する場合には、マシンの重量面で損失がないようにしなければいけないと考えている。

 アストンマーチンは、マシンカラーリングをレーシングポイント時代に慣れ親しんできたピンク色から、自動車メーカーのコーポレートカラーでもある深みのある緑色をメインとしたモノへと変更した。

Read Also:

 チームはこの緑色には満足していたが、映像を通じて観戦している人々に、色が伝わりづらいという問題を抱えていた。特に光のあたり方次第では、メルセデスのブラックカラーと見分けがつき辛いアングルも見られた。

 そして今年初め、チーム代表のオットマー・サフナウアーは、使用されているグリーンの種類を再検討するだろうと述べていた。

「太陽光の下でも、実際に目にしても、素晴らしい色だと思っている」と、彼は言う。

「しかし我々は外で見た時のこのグリーンを失うことなく、映像でもう少しポップに見えるように検討すべきだと思う」

「それが可能なのがどうかはわからない。しかし国際映像で、他のダークカラーのマシンとの区別を確実にすることは、我々の考えていることのひとつだ」

 アストンマーチンは2022年のカラーについて、シルバーストンのファクトリーで話し合いを今週から開始しているという。

 ただし、サフナウアー代表は2022年に色の変更を加えることは、慎重に検討しなければならず、マシンの重量が増え過ぎてしまう場合には、難しいだろうとも語っている。そして、チームが2022年に向けて直面している重要な課題のひとつが、最低重量に近づけることだと話した。

「その件について検討し始めたばかりだ」

 サフナウアーは、アメリカGPを前にそう語った。

「我々は上級チーム責任者のミーティングを開き、来年の塗装について、どの色でどのくらいを塗装するのか、話し合いを始めた」

「だが重量は大きな要素となっている。我々としてはできるだけ重量を削らなければならないんだ。そのため、今はプロセスを進めているところだ」

 新レギュレーションの導入される2022年に向けて、最低重量に近づけるための課題に直面しているのは、アストンマーチンだけではない。

 新レギュレーション、衝突試験の基準、大型化した18インチホイールやブレーキなどによって、マシンの重量は増加。さらにチームは予算上限が施行されていることもあり、軽量で高価なものの使用には思うところがあるようだ。

 
 

Read Also:

シェア
コメント
F1アメリカGPは”複雑”な週末に? ガスリー「バンプのせいで、セットアップに妥協が必要かも」
前の記事

F1アメリカGPは”複雑”な週末に? ガスリー「バンプのせいで、セットアップに妥協が必要かも」

次の記事

ホンダPU搭載のレッドブル&アルファタウリ、F1アメリカGPは“アキュラ”のロゴで参戦

ホンダPU搭載のレッドブル&アルファタウリ、F1アメリカGPは“アキュラ”のロゴで参戦
コメントを読み込む