F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
3 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
17 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
24 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
31 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
45 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
52 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
73 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
101 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
108 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
122 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
136 days
ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】
トピックス

ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】

2020年、各F1チームのフロントウイングデザインが、我々に教えてくれるモノ

シェア
コメント
2020年、各F1チームのフロントウイングデザインが、我々に教えてくれるモノ
執筆:
, Featured writer
協力: Matt Somerfield
2020/05/09 9:43

2019年に導入されたレギュレーション改訂により、F1のフロントウイングのデザインは多様性が増した。導入から1年後の2020年シーズン、各チームはどのフロントウイングをどう進化させてきたのだろうか?

 新たなレギュレーションが導入されると、各チームはそれを最大限に活用しようと、様々なソリューションを送り出してくる。しかし時間が経過するのに伴い、最大のパフォーマンスを発揮する解決策の見極めが進み、デザインが似通ってくるというのはよくあることだ。

 詳細を描いたイラストによって、フロントウイングだけでなく、ノーズのデザインをどう適応させ、ダウンフォースを回復し、空気抵抗を減らそうとしてきたのか、それを考察していく。

■ハース

Haas VF-19 front wing detail

Haas VF-19 front wing detail

Photo by: Giorgio Piola

 上のイラストは、2019年仕様と2018年仕様のウイングを比較したモノだ。レギュレーションの変更に伴い、カスケードウイングの使用が禁止され、ウイング全体がシンプルな形状になった。そして、ウイングのエレメントは5枚までに制限された。

 これによりチームは、以前のモデルで発生していたダウンフォースと、エアフローの状況を取り戻すための方法を模索しなければならなくなった。

 ハースはこれに対し、空気抵抗の負荷を減らす解決策を選択。これにより、最上部のフラップが下向きに湾曲して翼端板に接続され、フロントタイヤやその周辺に向かう気流を整え、このエリアで発生する乱気流を管理しやすくした。

Haas F1 Team VF-19 and Ferrari SF90 front wing detail comparison

Haas F1 Team VF-19 and Ferrari SF90 front wing detail comparison

Photo by: Giorgio Piola

 シーズン後半には、アップデート版の翼端板が投入された。この翼端版は後端上部に切り欠きが設けられていて、ここで生み出される気流の渦を小さくしようとした。これは、ある意味昨シーズンのトレンドと言ってもいいだろう。

■アルファロメオ

Alfa Romeo Racing C38 front wing detail

Alfa Romeo Racing C38 front wing detail

Photo by: Giorgio Piola

 アルファロメオが選択したフロントウイングは、2019年のグリッド上で最もアグレッシブなモノのひとつだった。

 フラップの外側は、空気抵抗を受けないように薄くされており、マシン中央分とはその角度が大きく異なっている。ただ見た目としては、資金力のあるライバルチームと比較すると、不格好な印象であったのも事実だ。

Alfa Romeo C38 endplate design, Austrian Grand Prix
Alfa Romeo C38 endplate design, German Grand Prix

 アルファロメオもシーズン中にアップデートを施した。彼らが着目したのは、翼端版のフットプレートの裏側。当初(左の画像)は何も取り付けられていなかったが、イギリスGPでストレーキが追加。ドイツGPではそれに変更が加えられた。

Alfa Romeo Racing C38, front wing and nose
Alfa Romeo C38, front wing

 ダウンフォースの発生、そしてエアフローを整えるという役割の面で、ノーズは今まで以上に重要な要素となった。

 2017年にメルセデスが投入したケープ(ノーズ下に取り付けられた、路面と水平の板)は、気流を整えるだけでなく、ダウンフォースを獲得することにもひと役買った。そのため、最終的には多くのチームがこのパーツを採用している。

 アルファロメオはイギリスGPで初めてケープを取り付け、その後シンガポールでアップデート版を投入した。

Alfa Romeo Racing C39 front wing nose
Alfa Romeo Racing C39 front nose

 2020年のアルファロメオのフロントウイングは、2019年モデルとは異なり、フラップの内と外の段差が小さくなった。その結果、外観はより洗練されたイメージとなった。

 またノーズの先端も変更。開口部は昨年のような四角形のモノではなく、アルファロメオ伝統の逆三角形のグリルに変更されている。

Read Also:

次の記事
ギャラリー:F1におけるセーフティカーの歴史……1973-2019

前の記事

ギャラリー:F1におけるセーフティカーの歴史……1973-2019

次の記事

実は大きな可能性を秘めていた……フェラーリF92Aが”駄馬”と言われた本当の理由

実は大きな可能性を秘めていた……フェラーリF92Aが”駄馬”と言われた本当の理由
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Giorgio Piola