F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
Race まで
02 時間
:
21
:
56
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

いよいよ開始、2019年F1開幕前テスト。そのドライバーラインアップ

シェア
コメント
いよいよ開始、2019年F1開幕前テスト。そのドライバーラインアップ
執筆:
2019/02/17 23:38

本日から始まるF1開幕前合同テスト。そのドライバーラインアップをチェックしておこう。

 18日からスペインのカタルニア・サーキットで始まるF1合同テスト。今シーズンの勢力図の一端が見えるとあって、注目が集まっている。

 そのテストで走行するドライバーのラインアップが、少しずつ明らかになってきた。

 まずウイリアムズはマシン開発が遅れ、走行開始を火曜日に遅らせたため、月曜日には姿を見せないだろう。

 昨年ダブルチャンピオンを獲得したメルセデスは、午前中にバルテリ・ボッタス、午後にはルイス・ハミルトンがドライブを担当する予定だ。それ以降のドライバーはまだ未定で、1日ごとに決定する予定だという。

 フェラーリは、まずはセバスチャン・ベッテルがSF90をドライブ。残りの日程はチームメイトのシャルル・ルクレールと交代で乗ることになる。

 レッドブルは初日にマックス・フェルスタッペンが乗り込み、新たなパートナーであるホンダのパワーユニットの感触を確かめることになる。2日目は昨年もホンダのPUを走らせていたガスリーが乗り、以降3日目フェルスタッペン、4日目ガスリーと日々交代していく。

 このレッドブルは、まだ今季用マシンRB15の正式なカラーリングを発表しておらず、どんなカラーリングで登場するのかという点も興味深いところだ。

 マクラーレンは初日カルロス・サインツJr.がドライブ。2日目以降はチームメイトのランド・ノリスと1日ごとに交代していく予定。トロロッソ・ホンダもダニール・クビアトとアレクサンダー・アルボンが1日ごとに交互に乗り込む。

 また、この合同テスト初日が新車初登場となるレーシングポイントも、セルジオ・ペレスとランス・ストロールが1日おきに交代で乗ることになっている。さらに、18日の朝にニューマシンを発表する予定になっているアルファロメオも、キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィが交互にドライブする。

 ルノーは、連日ダニエル・リカルドとニコ・ヒュルケンベルグが、半日ずつドライブする予定だ。

 ハースは、基本的にはロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンのふたりが交互に乗る予定だが、3日目と4日目にはピエトロ・フィッティパルディもマシンをシェアすることになっている。なおハースもこの日、新車を初披露することになる。

バルセロナ合同テスト:ドライバーラインアップ

チーム

2月18日(月)

2月19日(火)

2月20日(水)

2月21日(木)

メルセデス

Finland ボッタス 

United Kingdom ハミルトン

TBC

TBC

TBC

フェラーリ

Germany ベッテル

Monaco ルクレール

Germany ベッテル

Monaco ルクレール

レッドブル

Netherlands フェルスタッペン 

France ガスリー

Netherlands フェルスタッペン

France ガスリー

ルノー

Germany ヒュルケンベルグ

Australia リカルド

Australia リカルド

Germany ヒュルケンベルグ

Germany ヒュルケンベルグ

Australia リカルド

Australia リカルド

Germany ヒュルケンベルグ

ハース

France グロージャン

Denmark マグヌッセン 

France グロージャン

Brazil フィッティパルディ

Brazil フィッティパルディ

Denmark マグヌッセン

マクラーレン

Spain サインツ

United Kingdom ノリス

Spain サインツ

United Kingdom ノリス

レーシングポイント

Mexico ペレス

Canada ストロール

Mexico ペレス

Canada ストロール

アルファロメオ

Finland ライコネン

Italy ジョビナッツィ

Finland ライコネン

Italy ジョビナッツィ

トロロッソ

Russian Federation クビアト

Thailand アルボン 

Russian Federation クビアト

Thailand アルボン

ウイリアムズ

走行せず

United Kingdom ラッセル

Canada ラティフィ

Canada ラティフィ

Poland クビサ

Poland クビサ

United Kingdom ラッセル

次の記事
復活に向け不安要素……ウイリアムズ、開発の遅れによりテスト初日を欠席

前の記事

復活に向け不安要素……ウイリアムズ、開発の遅れによりテスト初日を欠席

次の記事

ルクレールはフェラーリで成功できる……ライコネンが“厄介事に気をつけろ”と助言

ルクレールはフェラーリで成功できる……ライコネンが“厄介事に気をつけろ”と助言
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Scott Mitchell