F1 イギリスGP

エイドリアン・ニューウェイ、アストンマーティン入りに一歩前進か? 契約の発表は9月まではない模様

レッドブルを離脱することを決めたエイドリアン・ニューウェイは、アストンマーティン入りする可能性が高まっているようだ。しかしレッドブルとの契約により、すぐに契約締結のニュースが出ることはないだろう。

Adrian Newey, Chief Technology Officer, Red Bull Racing

エイドリアン・ニューウェイ, Chief Technology Officer, Red Bull Racing

写真:: Alexander Trienitz

 レッドブルから離れることを決めたエイドリアン・ニューウェイの獲得に、数多くのチームが名乗りを挙げた。現時点では、アストンマーティンがニューウェイを獲得する最有力のチームとなっているようだが、レッドブルとの取り決めにより、契約締結の発表は9月までは行なわれない見込みだ。

 今年の5月、ニューウェイがレッドブルを離れることを決断。2025年の3月まではレッドブルでの仕事を続けるが、F1マシンの開発には関わらない予定で、ハイパーカーRB17の最終仕上げなどが主な仕事になる予定だ。

 ニューウェイは現在65歳であるが、今でも業界内で最高のデザイナーのひとりであると見なされており、レッドブルを離れることを決めたニューウェイを獲得しようと、多くのチームが名乗りを挙げた。

 当初フェラーリが移籍先の最有力と目されてきたが、マクラーレンやメルセデスも獲得競争に参加。しかし最近では、アストンマーティンに加入する可能性が急激に高まっている。

 先月ニューウェイは、シルバーストンにあるアストンマーティンの新ファクトリーを秘密裏に訪問。チームとの間で、契約をまとめるための交渉が続いているとされる。

 情報筋によれば、アストンマーティンとニューウェイの交渉は進んでいるものの、現時点では契約が交わされたわけではないという。そしてニューウェイはまだ、自分がやりたいことについて検討中なのだという。

 motorsport.comの調べによれば、ニューウェイにはレッドブルとの取り決めがあるため、次のチームとの契約がまとまり、それが発表されることは、9月まではほぼ確実にないだろう考えられる。

 この状況について詳しい別の情報筋によれば、レッドブルと合意した契約終了の取り決めの一環として、ニューウェイは少なくとも9月までは、将来の去就について発表できないという。

 ただ9月に契約が締結されたとしても、業務を開始できるのは来年3月以降とされる。つまり契約締結からは、6ヵ月以上の猶予が残ることになる。

■体制を強化するアストンマーティン

The Aston Martin pit wall team watch as Lance Stroll, Aston Martin AMR24, leaves the garage

The Aston Martin pit wall team watch as Lance Stroll, Aston Martin AMR24, leaves the garage

Photo by: Zak Mauger / Motorsport Images

 アストンマーティンは近年、シルバーストンに新しいファクトリーを解説。新風洞もまもなく稼働する予定である。

 また人材の面でも体制を強化。先週には、マーティン・ウィットマーシュの後任としてグループCEOに元メルセデスのエンジン部門責任者であるアンディ・コーウェルが10月から加わることが発表された。

 またフェラーリのシャシー部門のテクニカル・ディレクターであるエンリコ・カルディとの契約も結ばれ、ダン・ファロウズが率いる技術陣を強化している。

 ただカルディは、フェラーリを離れるにあたってガーデニング休暇を取る必要があるはずであり、いつからアストンマーティンでの業務を開始できるかは、現時点では不明である。

 

前の記事 F1分析|FP2で新品ソフトタイヤを2セット使ってしまったレッドブル……扱いに苦労しているのか? フェルスタッペン「ミディアムの方が良さそう」
次の記事 F1イギリスFP3速報|雨の中メルセデスがワンツー! ノリス3番手。RB角田裕毅は14番手

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本