F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
3 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
17 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
24 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
31 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
45 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
52 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
73 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
101 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
108 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
122 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
136 days
ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】
トピックス

ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】

2021年のF1、ダウンフォース削減のためフロアを縮小……意図しない結果に繋がる可能性?

シェア
コメント
2021年のF1、ダウンフォース削減のためフロアを縮小……意図しない結果に繋がる可能性?
執筆:
協力: Giorgio Piola, Featured writer
2020/06/12 3:30

2021年シーズンに向けては、基本的にはマシンの開発が凍結されることになった。しかし、そんな中でも空力開発は進んでいくことになっており、ダウンフォースの増加を抑えるためにも、フロアが小型化されることになった。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、シーズン開幕が大きく遅れることになった2020年のF1。現時点では7月5日にオーストリアで開幕し、その後ヨーロッパ内で8戦を開催するスケジュールが組まれたが、9月中旬以降、フライアウェイ戦についての見通しは立っていない状況だ。

 既にF1チームは、ウイルス感染拡大に伴い財政的な影響を受けている。そして、もしレースの開催数が減ることになれば、その財政的な打撃はさらに大きくなる可能性が高い。

 この状況に対処するため、F1は来季に向けてマシンの開発を凍結することを決定した。つまり、基本的には来シーズンも、2020年と同じマシンを各チームが走らせることになるのだ。

 しかしそんな中でも空力開発は許される予定であり、ダウンフォースが増加していくのは避けられない。その一方で2021年シーズンまで、2019年仕様のタイヤが使われ続ける予定となっており、増大するダウンフォースによる負荷に耐えられるのか、懸念されている。

 これに対処するため、2021年用のマシンは、フロアの後ろ半分の幅が徐々に狭められる形となり、ダウンフォース量を約10%削減することが目指されている。具体的には、フロア端に開けられることが多かった穴を排除。さらにフロントホイール中心線の後方1800mmの位置から、リヤホイールの中心線よりも175mm前の位置に向け、フロアを100mm狭めなければならなくなったのだ。これにより、ディフューザーをしっかりと機能させるために、リヤタイヤ後方に発生する乱流との間を区切るのが難しくなるはずだ。

2021 floor rules

2021 floor rules

Photo by: Giorgio Piola

フロアの穴

 現在のF1マシンのフロアの端には、前後方向に長いスリットが、多く入れられている。近年ではリヤタイヤの前方に斜めのスリットが入れられている。

Haas-Ferrari VF-20 floor detail

Haas-Ferrari VF-20 floor detail

Photo by: Giorgio Piola

 このフロア端のスリットは、エアカーテンの役割を果たしている。つまり、フロントタイヤ後方で発生した乱気流が、フロア下の気流に悪影響を及ぼさないようにしているのだ。

2020-2021 floor comparison

2020-2021 floor comparison

Photo by: Camille De Bastiani

 一方、リヤタイヤのすぐ前に開けられた斜めのスリットは、”タイヤスクワート”の影響を軽減させるためのものだ。タイヤは走行中に大きく変形することがあり、この変形によって周囲の気流を乱す。この影響はディフューザーにも及ぶことになるため、ダウンフォースが失われる可能性になる。

 ただ2021年のF1マシンには、フロアを狭めることとともに、これら2パターンの空力的影響を制御するためのスリットが入れられなくなってしまう。このことはデザイナーたちを大いに悩ませ、別の方法でその悪影響を制御する方法を模索しなければいけないということになる。

 ただしおそらく、各チームはこの問題に対処してくるだろう。フロアの前端やバージボード、その他フロアの表面を大きく変化を加えてくるはずだ。おそらくチームは、2021年シーズン中には、失われる10%のダウンフォースを取り戻してくるだろう。

Read Also:

次の記事
F1でわずか1勝、されど1勝……10人のドライバーたち

前の記事

F1でわずか1勝、されど1勝……10人のドライバーたち

次の記事

F1日本GP、2020年シーズンの中止が決定。1987年以来初の国内開催なし

F1日本GP、2020年シーズンの中止が決定。1987年以来初の国内開催なし
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Matt Somerfield