F1 Ferrari launch

違法だったはずでは? フェラーリSF-23のフロントウイングに『メルセデスのアイデア』が搭載されているワケ

フェラーリが発表した新車『SF-23』のフロントウイングには、昨年にメルセデスが実戦投入を断念したアイデアが採用されている。

Ferrari SF-23. detail front wing

 フェラーリは、2023年シーズンを戦うニューマシン『SF-23』を、多くのファンを招いてフィオラノで計5周走行するという、ど派手な形で発表した。

 フェラーリが今季にかける意気込みが現れているようなイベントだったが、細かいところを見ても、貪欲な開発姿勢が見えてくる。フロントウイングに装着された、スロットギャップセパレーターもそのひとつだ。

 SF-23のフロントウイングを見ると、そのフラップにつけられたスロットギャップセパレーターが明らかに気流制御を目的とした形状になっていることに気づくだろう。本来、フラップ間のギャップが離れ過ぎないようにするために使用を許可されているパーツだが、気流をマシンのアウト側に導くようにデザインされているのだ。

 実は、同様のパーツはすでに昨年登場している。メルセデスがアメリカGPに持ち込み、ピットレーンに並べられていたフロントウイングに、近いデザインのセパレーターがつけられていたのだ。

Mercedes W13 front wing detail

Mercedes W13 front wing detail

Photo by: Giorgio Piola

関連ニュース:

 しかしフロントウイングの付属部品について定めたF1技術規則第3.9.8条には、『主に機械的、構造的または計測的な理由で』装着することができると定められていた。

 メルセデスは当時、空力的な影響は二次的なものであり、そのデザインはルールに則っていると考えていたが、ライバルチームからは不満が出た。そのデザインを承認していたはずのFIAも改めてそのデザインに注目する動きを見せたため、メルセデスは最終的にこのセパレーターを取り外してウイングを使用することにした。

 メルセデスのテクニカルディレクターのマイク・エリオットは、セパレーターを取り外す前、次のように語っていた。

「レギュレーションでは、主な用途は機械的または測定目的であると書かれているので、騒がれているのだと思う。そして言うまでもなく、空力的なデザインという副次的なメリットもそこにあるのだ」

「アレについて我々が主張するかどうかは我々が決めることだ。実は大した価値はないんだ。ディティールは面白そうだが、フロントウイングの大きな特徴ではないんだ」

 当時のメルセデスを取り巻く状況を踏まえれば、フェラーリがSF-23にこうしたパーツを搭載するのは不思議に思える。

 だがレギュレーションを調べてみると、フェラーリがこのデザインを推し進めた理由が見えてきた。

 12月上旬に発表された2023年の技術規則改訂の一環として、FIAは第3.9.8条から『主に機械的、構造的または計測的な理由で』という記述を削除したのだ。

 つまり、スロットギャップセパレーターがレギュレーションの厳しい要件に準拠している限り、それがどれだけ空力的な恩恵をもたらしていたとしても、完全に合法となったということだ。

 レギュレーション変更を追い風に、フェラーリがメルセデスのアイデアを採用した形だが、果たしてメルセデスは一度諦めたこのデザインを復活させるのか。2月15日にシルバーストンで公開される予定のメルセデスの新車『W14』のフロントウイングにも注目だ。

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 フェラーリ640、F2012の走行が決定! 自然吸気V12&V8エンジンサウンドを聴き逃すな:鈴鹿サーキット・モータースポーツファン感謝デー
次の記事 ライブ配信|メルセデス、2023年F1マシン『W14』発表会

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本