F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
52 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
66 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
80 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
94 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
115 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
129 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
150 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
157 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
171 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
185 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
213 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
220 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
234 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
255 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
269 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
276 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
290 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
304 days

フェラーリ、新車発表3日前に18インチタイヤをテスト。2月に2車種で走行!?

シェア
コメント
フェラーリ、新車発表3日前に18インチタイヤをテスト。2月に2車種で走行!?
執筆:
2019/12/15 0:53

フェラーリは、ピレリの18インチタイヤ開発のプログラムの一環として、2020年のF1プレシーズンテストが始まる1週間前に、ミュールカー(テスト用に改造したマシン)をヘレス・サーキットで走らせることになった。

 F1は2021年シーズンから、レギュレーションが大きく変更されることになっている。このシーズンからホイールのサイズが13インチから18インチに拡大されることになっており、すでにルノーやマクラーレン、メルセデスの協力により、実走テストが行なわれている。

 そしてフェラーリも、このラインアップに加わることになった。同チームは2020年のシーズン前テストが始まる直前の2月8日に、ヘレスでミュールカー(テスト用に改造を施したマシン)を走らせる。チーム曰く、コスト面の理由から、ピレリのタイヤ開発テストの実施を遅らせることになったという。

 なおフェラーリは2月11日に2020年用のマシンを発表する予定になっており、ピレリタイヤのテストを行なう時期には、この新型マシンの準備が整っている可能性がある。しかし当然、この新車をピレリタイヤのテストで走らせることはできず、さらに何らかのメリットを受けることがないように、スポーティングレギュレーションによって規定されている。

 ピレリは来年の2月1日から、11月29日にアブダビで開催されるシーズン最終戦の1週間後までの間に、25日間のプライベートテストを実施することができる。しかしこのテストで走らせることができるのは、2018年および2019年シーズン用車を改造したマシンのみである。これによって、2020年シーズンに活かすことができる仕事を阻止しようとしているのだ。なお2020年のシーズン開幕前テストは、従来の8日から6日に削減されている。

 またルールでは、テストで取得できるのはタイヤ、ホイールリム、ホイールリムカバーに関するデータだけであり、それ以上のデータは得られないようになっている。ピレリのタイヤテストに協力するチームは、2021年用マシンの開発に活かすことを目的とした”クルマまたはサブ・コンポーネント”を使ってはいけないと定められているのだ。

 2020年のテスト規定には、シーズン中のテスト可能日程が3日間に延長されるという条項もある。ただそのうちの1日は、2021年用タイヤのテストを行なうための日程であり、2020年のレースドライバーが乗ることになる。

 ただ、このテストを実施するためには、18インチホイールに対応したミュールカーが必要。もしチームがこれに対応できない場合は、その追加のテスト日程を破棄する必要がある。

 また、テストのうち1日は、F1で2戦以下のキャリアしかないドライバーが担当しなければならないことになっている。以前はこのような”ルーキードライバー”が、テストのうち2日間を担当しなければならないと規定されていたが、テストの総日数が減少したことの影響を受け、ルーキーの登場機会も減ることになってしまった。

 なおこのルーキーが担当するテストで2020年用マシンを使うか、18インチホイールに適応したミュールカーを使うかは、チームが自由に決定できるようになっている。

Read Also:

次の記事
“F1チーム代表が選ぶ”トップ10ドライバー2019発表。ルーキー勢高評価受ける

前の記事

“F1チーム代表が選ぶ”トップ10ドライバー2019発表。ルーキー勢高評価受ける

次の記事

フェラーリ、2020年に向けエンジンを大幅変更へ。”長所と短所”の改善目指す

フェラーリ、2020年に向けエンジンを大幅変更へ。”長所と短所”の改善目指す
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Scott Mitchell