F1 エミリア・ロマーニャGP

つーか、これが限界。レッドブルのペレス、イモラでは8位も「望みうる最良の結果」予選Q2敗退が響く

レッドブルのマックス・フェルスタッペンがエミリア・ロマーニャGPで優勝した。その一方、チームメイトのセルジオ・ペレスは8位に終わったが、これが望みうる最良の結果だと考えているようだ。

Sergio Perez, Red Bull Racing RB20, drives off the track into the gravel

 F1エミリア・ロマーニャGP決勝では、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが優勝。チームメイトのセルジオ・ペレスは8位に終わったが、これより上位を目指すことは難しかったと語った。

 ペレスは予選でRBのダニエル・リカルドに0.015秒及ばず11番手でQ2敗退となった。

 そうした状況から、多くのドライバーがミディアムタイヤを履く中、ペレスはハードタイヤでレースをスタート。他のドライバーが先にピットへ入る状況で、バーチャルセーフティカー(VSC)やセーフティカー出動のチャンスを最大限に活かそうと考えた。しかし、そのチャンスは訪れず、ペレスのレース大半は防戦一方だった。

 ペレスは予選順位から、RBの2台とハースのニコ・ヒュルケンベルグを上回ったものの、フェルスタッペンとは55秒差の8位に終わり、「ただただタフなレースだった」と語った。

「これが望みうるベストなモノだと分かっていたんだ。当初はハードタイヤが難しいと分かっていたけど、適切なタイミングでセーフティカーが入ることを期待していた。そうすれば(上位の)戦いに戻れたかもしれないからね」

 ペレスにとって、セーフティカー出動のベストタイミングは、前を走るドライバーがピットに入った28周目だったはずだが、当時ペレスはトップのフェルスタッペンから15秒遅れの5番手と上位争いに戻るのは難しかっただろう。

 ペレスは17周目にリヴァッツァでロックアップ。グラベルトラップにはみ出して5秒ほど失い、「ダメージも負った」とペレスは説明した。

 さらにペレスはハードタイヤでの第1スティントに、タイヤを履き替えたマクラーレンのランド・ノリスやオスカー・ピアストリ、フェラーリのカルロス・サインツJr.やメルセデスのジョージ・ラッセルに抜かれた。それまでは1分21秒台で走っていたが、ピットインするまでそのペースは回復しなかった。

Sergio Perez, Red Bull Racing RB20

Sergio Perez, Red Bull Racing RB20

Photo by: Andy Hone / Motorsport Images

「(オーバーテイクされた時に)できるだけタイムを落としたくなかったんだ」とペレスは言う。

「残念ながら、同時にスティント終盤に差し掛かり、路面温度が下がってきて、グリップがとても悲惨な状態になった」

 エミリア・ロマーニャGPでフェルスタッペンはポールポジションから優勝とイモラでも強さを見せたが、フリー走行では正しいセットアップを見つけることに苦労するなど、レッドブルは危なげのない週末を過ごすことはできなかった。

 ペレスはイモラでのパフォーマンス不足は「サーキット特有のモノ」だとしながらも、次戦モナコGPに向けてマクラーレンとフェラーリが「一歩前進した」と語った。

「マクラーレンもフェラーリもかなり強いと予想しているから、大きな挑戦になるだろう」とペレスは締めくくった。

Additional reporting by Sam Hall

 

前の記事 角田を攻略できたかも? ハースF1小松礼雄代表イモラ決勝を悔やむ「別のタイミングでピットストップすれば入賞を狙えた」
次の記事 タイF1開催に向け加速? セター首相がエミリア・ロマーニャGP訪問しF1首脳と会談

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本