F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
54 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
61 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
75 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
89 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
103 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
110 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
124 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
138 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
145 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
159 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
166 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
180 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
194 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
222 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
229 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
243 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
250 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
264 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
278 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
285 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
299 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
313 days

ホンダPU搭載マシンは、なぜブラジルGPの直線でメルセデスを打ち負かせたのか?

シェア
コメント
ホンダPU搭載マシンは、なぜブラジルGPの直線でメルセデスを打ち負かせたのか?
執筆:
2019/11/21 9:27

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、F1ブラジルGPのストレートスピードでメルセデスに打ち勝った理由は、パワーだけでなく、ダウンフォースレベルも関係していたと考えている。

 F1ブラジルGPでは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが優勝、トロロッソのピエール・ガスリーが2位に入り、ホンダのパワーユニット搭載マシンが1-2フィニッシュを決めた。

Read Also:

 今回の”ホンダ勢”は、直線スピードに優れており、フェルスタッペンはポールポジションを獲得しただけでなく、レース中も2度にわたってルイス・ハミルトンのメルセデスをオーバーテイクした。またガスリーも、チェッカー直前のストレートでの攻防で、ダメージを負った状態だったとはいえ、ハミルトンを寄せ付けなかった。

 このホンダのパワーのアドバンテージは、標高に関係しているのではないかと見る向きもある。ブラジルGPの舞台となったインテルラゴス・サーキットは、標高750mほどの高地に位置しており、これはメキシコGPの舞台であるエルマノス・ロドリゲス・サーキットに次ぐ高さである。標高が高いということは、空気が薄いということを意味しており、こういったコンディションではホンダのPUが、メルセデスやフェラーリよりも強さを発揮する……そう考える人々がいるのだ。

 しかしレッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、マシンのセットアップの違いも、直線でのパフォーマンスの違いを生み出したと考えている。

「ダウンフォースレベルの違いも見なければならないと思う」

 そうホーナー代表は語った。

「メルセデスは我々よりも高いレベルのダウンフォースをつけていたと思う。それは、レースペースの面で彼らを手助けすることになった。しかし一方で、予選では助けにはならなかったのかもしれない」

「彼らはレースで非常に競争力があり、スティントの終盤には、間違いなく彼らの方が、我々よりも少し強かった。それは、ラップタイムをどう生み出すか……その妥協の違いによるものだ」

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターも、ホーナー代表と同様の見解を示した。そして、今回高いパフォーマンスを発揮できた理由として、標高だけを取り上げるのは間違っていると考えているようだ。

「標高は、PUだけではなく、エアロにも影響を及ぼします」

 そう田辺テクニカルディレクターは語る。

「だからパッケージとして、メキシコやここでは我々の方が良い、あるいは強かったのだと思います。明確な答えはありません」

 とはいえホーナー代表は、ホンダのこの1年の進歩に感銘を受け、そしてF1での勢いを増していると感じていると語る。

「ブラジルでは、5年連続でメルセデスがポールポジションを手にしてきた。しかし、ホンダが1991年以来、ここでの初めてのポールポジションを手にしたのは、素晴らしいことだった」

「そして、勝利を手にしたのも同様だ。これらは彼らの努力が報われていることを示しており、我々は良い勢いに乗っていると、本当に感じている」

Read Also:

次の記事
ハース初表彰台を奪った”謎のトラブル”。シュタイナー代表「訳が分からない」と憤慨

前の記事

ハース初表彰台を奪った”謎のトラブル”。シュタイナー代表「訳が分からない」と憤慨

次の記事

フェラーリ、F1ブラジルGPで”今季初めて”レッドブルのコーナリング速度に匹敵?

フェラーリ、F1ブラジルGPで”今季初めて”レッドブルのコーナリング速度に匹敵?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Jonathan Noble