F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
9 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
16 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
30 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
44 days

接触の有無がペナルティの差……F1側がベッテルとストロールへの裁定を説明

シェア
コメント
接触の有無がペナルティの差……F1側がベッテルとストロールへの裁定を説明
執筆:
2019/09/09 9:14

F1レースディレクターであるマイケル・マシは、セバスチャン・ベッテルへのペナルティがランス・ストロールより重くなった理由を語った。

 F1第14戦イタリアGPの決勝レース序盤、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とランス・ストロール(レーシングポイント)の間、そしてストロールとピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)の間で続けざまにインシデントが発生した。

 ベッテルはレース開始から6周目にアスカリシケインで単独スピンを喫してしまい、トラックを横断して最終的にコース外に乗り上げた。そしてベッテルはコースへ戻ろうとマシンを発進させたが、そこに後方から進んできたストロールがベッテルを避けることができずに接触。ストロールがスピンを喫する事態となった。

 そのストロールもコースへ戻ろうとした際、ガスリーのラインを塞いでしまったため、ガスリーは間一髪のところでグラベルへと逃れる必要があったのだ。

 FIAはこのふたつのインシデントの調査を行い、ベッテルには10秒間のストップ&ゴーペナルティ、ストロールにはドライブスルーペナルティを科すことを通知した。

 F1のレースディレクターであるマイケル・マシは、ベッテルの動きが接触を引き起こしたこと、それが両者に科されたペナルティの差だと説明している。

「基本的に、このふたつのインシデントの違いは、セバスチャンにある。ひとつは安全でないコース復帰、ふたつめに衝突を引き起こしたことだ」

「一方で、ランスとピエールの間のインシデントは、安全でないコース復帰のみが問題だ。その違いが、科されたペナルティの差だ」

 ベッテルとストロールは、両者ともにマシンが迫ってくるのが見えなかったと主張している。だがマシは状況が明確になるまで動かないようにしなかった事への言い訳にはならないと考えている。

 motorsport.comがマシに対し、この先同じような状況に陥ったドライバーに、どんなアドバイスをするか訊くと、彼は「疑わしい状況なら、おそらく慎重になることが必要だろう」と語った。

「チームは全てのことにもう少し慎重になる必要がある。正直なところ、疑わしい時は慎重になるべきだ」

「だが今回、全てがとても早く行われた。大きなタイムラグは無かったんだ。言葉で言うなら、バン、バン、バン!と言った具合にね。まさに連鎖反応として(コース復帰が)行われたようだったよ」

Read Also:

次の記事
フェラーリ社長、ルクレールのモンツァ勝利に”感激”。メルセデスは完敗認める

前の記事

フェラーリ社長、ルクレールのモンツァ勝利に”感激”。メルセデスは完敗認める

次の記事

何も僕たちに味方してくれなかった……フェルスタッペン、流れ掴めず8位

何も僕たちに味方してくれなかった……フェルスタッペン、流れ掴めず8位
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第14戦イタリアGP
サブイベント Race
ドライバー ランス ストロール 発売中 , セバスチャン ベッテル 発売中
執筆者 Jonathan Noble