F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
3 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
17 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
24 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
31 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
45 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
52 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
73 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
101 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
108 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
122 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
136 days

ウイリアムズ副代表、株式売却の動きを「ポジティブ以外の何物でも無い」と主張

シェア
コメント
ウイリアムズ副代表、株式売却の動きを「ポジティブ以外の何物でも無い」と主張
執筆:
, Grand prix editor
2020/06/06 1:28

ウイリアムズはチームの売却を検討していることを明らかにしたが、チーム副代表のクレア・ウイリアムズは再構築に向けた今回の動きはポジティブなものであると強調した。

 5月末、ウイリアムズ・グループがF1チームの株式売却を検討していることが明らかとなった。同グループは2019年の収益で約17億円の損失を計上するなど、財務的に厳しい状況にあることが、公表された財務指標からは読み取れる。

Read Also:

 また近年のウイリアムズは下位に沈んだまま低迷しており、昨年のコンストラクターランキングでは最下位だった。

 1977年からF1に参戦している古株チームとも言えるウイリアムズが売却される可能性が明らかとなると、このニュースは世界中を駆け巡り、多くのF1コミュニティから悲しみの声が寄せられることになった。

 しかしチーム副代表のクレア・ウイリアムズはチームへの新たな投資を呼び込もうとする試みは、今後何年にもわたって競争を続けることを可能にするためには重要な一歩であると強調している。

「多くのお悔やみのメールを皆さんから貰いました。それはとてもありがたいことです。ですが私は今回のことを非常にポジティブな視点で見ているんです」

 クレア・ウイリアムズ副代表はSky Sports Newsにそう語った。

「これは我々のチームの将来の持続可能性を確実にするためのものです。ウイリアムズファミリーは常にそのことについて考えています。我々はチームを、そしてその成功を第一に考えています。我々が探している投資は、それを達成するために役立つものです」

「私としては、自分たちのやっていることは良いことであり、ネガティブな見方はされるべきではないと思っています。失望的なことではなく、ポジティブ以外の何物でもありません。ここに居る人間はそれを理解していますし、ウイリアムズの人々もそれを理解しています。彼らはワクワクしていると想いますよ」

「投資の呼び込みは、我々に将来にとてもポジティブな可能性を与えられるんです」

Read Also:

 ウイリアムズはこの“投資呼び込み”について、今後3〜4ヵ月で目処をつけることを狙っている。ただどのような変化も、2020年のレース計画については何も影響はないという。

 チームは売却検討の発表とともに、タイトルスポンサーを務めていたROKiTとの契約を終了したことも明かしたが、彼らは今年の目立った変化はそれのみだと語っている。

「今年のカレンダーがどのようなものであれ、完全に継続できるための完全な予算があることを、皆さんに間違いなく、心からお約束できます」と、ウイリアムズ副代表は言う。

「マシンはウイリアムズの物ですし、日曜にマシンを走らせるために関わっているスタッフも同じです。ジョージ(ラッセル)とニコラス(ラティフィ)も留まります。変化する唯一の点は、カラーリングが少し変わることだけです」

「毎年レースに向かうのと同じように、間違いなく我々にできる最高の仕事を尽くします。我々はコースに戻りたくてたまらないのです。言うまでもないですが安全に事が行なえるようになったときですが」

「なぜなら知っての通り、過去18ヵ月に渡って、チームを好転させるために懸命に取り組んできたからです」

「2月のプレシーズンテストでは我々が施してきた変更を示し、まずまずの良いモノをお見せできたと思っています。オーストラリアのコース上でそれを示すことが楽しみだったんです」

「7月にレースを再開することにとてもワクワクしていますよ。ファンの皆さんの励みになる何かお見せして、そして将来に向かって前進できればと思っています」

 

Read Also:

次の記事
F1仕事の流儀:このスポーツの威厳を保ち、正確に……マスター・オブ・セレモニー

前の記事

F1仕事の流儀:このスポーツの威厳を保ち、正確に……マスター・オブ・セレモニー

次の記事

レッドブルF1代表、予算上限額引き下げにも「恐れるべきことじゃない」

レッドブルF1代表、予算上限額引き下げにも「恐れるべきことじゃない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ウイリアムズ
執筆者 Luke Smith