F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
3 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
10 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
24 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
38 days

ウイリアムズ、ドイツGPでマシンアップデート。副代表、スタッフの努力に感謝

シェア
コメント
ウイリアムズ、ドイツGPでマシンアップデート。副代表、スタッフの努力に感謝
執筆:
協力: Jake Boxall-Legge
2019/07/26 12:18

ウイリアムズの副チーム代表であるクレア・ウイリアムズは、ドイツGPに持ち込んだアップデートはスタッフの努力の賜物だと話した。

 ウイリアムズの副チーム代表であるクレア・ウイリアムズは、チームがドイツGPにアップグレードパッケージを持ち込むために行った”並外れた”努力を賞賛した。

 今季は最後尾が定位置となる、苦しい戦いが続いているウイリアムズ。それでも少しずつ進歩を続け、他のマシンとの差を縮めてきた。

 チームはより多くのダウンフォースを求めて、ドイツGPに空力性能向上に焦点を当てたアップデートパーツを持ち込んだ。

 クレア・ウイリアムズは、今週末のマシンアップデートを実現するためにスタッフがこなした作業を称賛した。

「開発のために、空力パーツ以外にもかなりの量のパーツがファクトリーに戻されました」と、彼女は語った。

「デザイン・オフィスや製造部門が新しいパーツを作る上で費やした仕事の量は本当に驚くべきものでした。今シーズンが非常に困難な年になっていることを考えれば尚更です」

 ドイツGP金曜日のフリー走行で、まずはロバート・クビサがアップデートパーツをテストし、その後土曜日からはジョージ・ラッセルのマシンにもアップデートが実施されることになるようだ。

「今週末、僕たちが初めて小さな前進を出来るように願っている」と、ラッセルは話した。

「それがどれほどの改善になるのかは、まだ分からない。だけど間違いなく、マシンにはいくつか目に見える変化があるはずだ」

「間違いなく前進するはずだけど、それでもまだ僕たちが最も遅いのは変わらないだろう」

 クレア・ウイリアムズは、ドイツGPで導入する開発パーツが前のマシンに追いつくのに役立つことを願っている。

「シーズンの開幕から、9番目(ウイリアムズの前)のマシンとの差は1.5秒ありました。それは、1シーズンで縮めなければならない差としてはとても大きいです」

「その差を縮めることが出来ないチームは多いでしょう。ですから、シーズン序盤はその差を広げないこと、少しだけでも縮めることを考えていました」

「私たちがこれまで期待していたよりも、大きな改善ができれば嬉しく思います。新しいパーツがもたらすパフォーマンスがどうなるか、見てみる必要があります。金曜日の夜に”しまった”と思うかもしれませんが、そうではないことを願っています」

「その後、私たちは今シーズンについて、バランスを取るために何ができるかを判断します。しかし、それ(新しいパーツ)が私たちを奮い立たせ、私たちが戦いに加われるように後押ししてくれることを願います。ドライバーたちは、他のチームと戦いたがっているのですから」

「ここ数レースで、ハースと何度か戦いましたが、私たちは中団争いに加わりたいのです。それが今年行われている作業です。しかし、2秒もタイムアップするのは至難の業です」

 ドイツGPに持ち込まれたアップデートにより、バージボードのエリアが完全に見直されている。バージボードの上端は鋸歯状となっており、サスペンションコンポーネントからの気流を積極的に引き込み、サイドポッド周辺部に送ろうとしている。

 こうした試みは、他チームにも流行している”ブーメラン”形状のウイングレットで補強されている。このブーメランは、フロントホイール部分から流れてくる気流を管理する上で、より多くの選択肢を生む。

 合わせてフロアもアップデートされている。縦に長いスリットが入れられたことで、外側への気流がより強化されているようだ。

 その効果か、ドイツGPのフリー走行1回目ではアップデートパーツを搭載したクビサが、ラッセルより0.567秒速いタイムをマーク。18番手のアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)に0.177秒差に迫った。

次の記事
【動画】2019年F1第11戦ドイツGPフリー走行1回目ハイライト

前の記事

【動画】2019年F1第11戦ドイツGPフリー走行1回目ハイライト

次の記事

F1ドイツFP1:フェラーリのベッテルがトップタイム。フェルスタッペンは4番手

F1ドイツFP1:フェラーリのベッテルがトップタイム。フェルスタッペンは4番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第11戦ドイツGP
チーム ウイリアムズ
執筆者 Jonathan Noble