苦戦続くウイリアムズ、2018年は約7億円増収も……2021年の改革を待ち望む

シェア
コメント
苦戦続くウイリアムズ、2018年は約7億円増収も……2021年の改革を待ち望む
執筆:
2019/04/06 8:02

ウイリアムズF1チームは、2018年にコンストラクターズランキング最下位となったものの、財務結果は増収となったようだ。

 2018年のコンストラクターズ最下位となり、2019シーズンも苦しい戦いが続いているウイリアムズF1チームだが、2018年の決算結果は堅調で、510万ポンド(約7億4000万円)の増収となった。

 4月5日(金)に発表された決算結果によれば、F1チーム及びその姉妹会社であるウイリアムズ・アドバンスト・エンジニアリングのEBITDA(税引き前利益に支払利息、減価償却費を加えて算出される利益)は2017年とほぼ同レベルであるものの、どちらも収入は増えたようだ。

 F1チームの収入は1億2560万ポンド(約183億円)から1億3070万ポンド(約190億4000万円)に増加。純益は1600万ポンド(約23億3000万円)と横ばいだった。

 ウイリアムズは2016、2017シーズンにコンストラクターズランキング5位となっていることで、F1から分配金を受け取っており、この財務実績は”再現性のない一時的な収入”によって支えられていると言っていいだろう。

 ウイリアムズのCEOであるマイク・オドリスコールは、チームが困難な時期を迎えていることを認め、リバティ・メディアが2021年に行う予定のF1改革が成功することを望んでいると話した。

「我々のF1チームは、(2014年からの)4年間に渡って堅実なパフォーマンスを発揮し、非常に高い期待を持っていた」

「しかし残念がら、我々は技術開発のペースを維持することに苦労し、困難なシーズンに耐えることになった」

「トップチームと、グリッドのその他のチームとの間には、競争力に対する支出に非常に大きな差がある。しかしリバティ・メディアの長期的なビジョント、F1についての将来的な計画が、より平等な争いの場を提供することを期待している」

「2019シーズンが厳しいスタートとなったことを受けて、チームは現在パフォーマンス向上に集中的に取り組んでいる」

 ウイリアムズからは、2018年までタイトルスポンサーを務めていたマルティニや、チームに資金を持ち込んでいたランス・ストロール、セルゲイ・シロトキンが離脱した他、チームは昨シーズンをコンストラクターズランキング最下位で終えている。こうした全ての要素が2019年の財務実績に悪影響を及ぼすだろう。

 しかしオドリスコールは、チームが新たなスポンサーを得ていることを強調した。

「我々はROKiTと新しいタイトルスポンサーシップを始めることができて嬉しいし、Orlenをパートナーコミュニティに迎え入れることを歓迎している。それは、ウイリアムズ・ブランドの強みが引き続き存在することを示している」

 収入が3950万ポンド(約57億5000万円)から4480万ポンド(約65億3000万円)に増え、収益は500万ポンド(約7億3000万円)から510万ポンドに微増したエンジニアリング事業について、オドリスコールは次のように述べた。

「我々は人材と技術力の双方に投資をし続けた。電化技術および軽量材料技術に関する当社の専門知識は、将来の成長のための優れた基盤をもたらすだろう」

次の記事
レッドブル、セットアップ改善に希望の光? スペインGPまでに空力修正へ

前の記事

レッドブル、セットアップ改善に希望の光? スペインGPまでに空力修正へ

次の記事

RB15は”アライ前提”も……フェルスタッペン、ヘルメットをシューベルト製に変更

RB15は”アライ前提”も……フェルスタッペン、ヘルメットをシューベルト製に変更
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ウイリアムズ
執筆者 Adam Cooper
まずは最新ニュースを読む