F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
51 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
65 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
79 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
93 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
100 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
114 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
128 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
135 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
149 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
156 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
170 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
184 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
212 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
219 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
233 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
240 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
254 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
268 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
275 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
289 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
303 days

”マンホール事件”でのラッセル車の衝撃は4G「本当に危険なこと」

シェア
コメント
”マンホール事件”でのラッセル車の衝撃は4G「本当に危険なこと」
執筆:
2019/04/27 6:46

F1アゼルバイジャンGPのフリー走行1回目で、ウイリアムズのジョージ・ラッセルがコース上の浮いたマンホールの蓋と衝突して、マシンを大破させることになった。この時の衝撃は4Gという大きなモノだったという。

 F1アゼルバイジャンGPのフリー走行1回目、セッション開始早々にウイリアムズのジョージ・ラッセルは、コース上の浮いていたマンホールの蓋の上を走行。この蓋とマシンのフロアが接触し、マシンは大破することとなった。

 これによりセッションは赤旗中断となり、その後再開されないことが決まった。

 ラッセルのマシンが受けたダメージは大きく、ファクトリーで修復できる可能性はあるものの、今回に関してはモノコックを交換する必要があった。そのため、FIAの規則により、FP2を走行することができなかった。またその衝撃により、回生システムも交換する必要があるという。

「間違いなくとても大きな衝撃だった」

 そうラッセルは語った。

「何よりも、ただショックを受けた。普通のことをやっていただけなのに、この大きな衝撃を受けたんだからね。明らかに大きなダメージがあり、損傷のためにマシンはすぐにシャットダウンしてしまった」

「驚いたことに、怪我はなかった。でもそれによって消火器が噴射してしまい、とても冷たかった。何かが燃えていると思ったから、僕はできるだけ早くマシンから降りたんだ!」

「速度は分からなかったけど、4Gの垂直荷重がかかった。かなり大きいと思う」

「コース上で何かに当たったのは分かったが、それがマンホールの蓋だとは気付かなかった。そうでなくても、ストレートはかなり凹凸があった。そしてマシンが壊れた時、僕はとても驚いた。本当に危険なことだ」

 ラッセルは、怪我を負うことがなく幸運だったと認めた。

「もしマンホールの蓋があと10〜15mm高ければ、僕が座っている場所にまっすぐぶつかっていたかもしれない。そうなっていれば、もっと悪いことになっただろう」

「全員にとって残念なことだった。誰もが週末の計画を持っている。でも文字通り、それは全て排水溝に投げ捨てられてしまった」

 走行距離を稼ぐことができなかったラッセルは、残りの週末も厳しいことになるだろうと認めた。

「僕は初日両方のセッションをほとんど走れなかった。FP1で走れなかったのは誰でも同じだ。でも、僕はこのセッションで40周を失ったかもしれない。明日は1時間のフリー走行があり、予選セッションを2回以上走ることはないと思う。僕らは、目をつぶったままレースを迎えるようなものだ」

「そのことは苛立たしく感じるけど、状況を最大限に活用しなきゃいけない。ポジティブな気持ちを維持しようとしている。難しい週末になることは分かっていた。今週末には特別なアップグレードはなかったからね」

 土曜日の計画について、彼は次のように付け加えた。

「僕は走ることになると思うけど、愚かなことはしない。明日は、FP1セッションのように扱う必要がある。まだ全力で攻めることはできない。まだサーキットを学び、バクーでの身のこなし方を手に入れる必要があるからね」

 ラッセルは中国GPの後、呼吸器の感染症に悩まされていたが、体調はかなり回復していると語る。

「気分はだいぶ良くなっている。でも、100%でないことは間違いない。実際には、良くなったり、悪くなったりしているんだ。でも今日(金曜日)休みみたいな1日を過ごしたから、土曜日にはもっと調子が良くなるはずだ」

「中国以降、僕は全くトレーニングできなかった。本当に何もせず、ベッドに寝ていたんだ。昨日は体調が良くなって、朝目覚めたんだけど、また気分が悪くなったんだ」

次の記事
リカルド、タイヤが足りずFP2を途中で切り上げ。ミディアム持ち込み1セットが仇に?

前の記事

リカルド、タイヤが足りずFP2を途中で切り上げ。ミディアム持ち込み1セットが仇に?

次の記事

ルノー、FP2苦戦の原因は“小さいウイング”と“トレッドの薄いタイヤ”?

ルノー、FP2苦戦の原因は“小さいウイング”と“トレッドの薄いタイヤ”?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第4戦アゼルバイジャンGP
ドライバー ジョージ ラッセル
チーム ウイリアムズ
執筆者 Adam Cooper