F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
13 days

泣きっ面に蜂……ウイリアムズ、ミラーとサスペンションを修正へ

シェア
コメント
泣きっ面に蜂……ウイリアムズ、ミラーとサスペンションを修正へ
執筆:
2019/03/08 3:00

ウイリアムズは、開幕戦オーストラリアGPで車検に不合格となることがないよう、新車FW42のフロントサスペンションとミラーのデザインを修正する必要があるようだ。

 ウイリアムズの新車FW42は、2019シーズンのF1開幕戦オーストラリアGPまでに、フロントサスペンションとリヤビューミラーの設計を修正する必要に迫られているようだ。

 マシンの製造遅れにより、オフシーズンテストへの合流が遅れるなど、ウイリアムズの滑り出しは決して順調とは言えない。

 2日以上遅れて合同テストの場であるバルセロナのカタルニア・サーキットに姿を現した新車FW42は、斬新なウイング形状のミラーと、特徴的なフロントサスペンションを持ったマシンだった。

 しかしmotorsport.comの調べによると、FIAがこれらの設計に満足しておらず、ウイリアムズはオーストラリアGPで車検不合格となるような問題に直面しないよう、それらを修正することになるようだ。

 ウイリアムズは背面が凹状に湾曲したリヤビューミラー(トップ画像)を使用していた。全チームの中でも特に複雑なデザインが施されていたものの、FIAに指摘された問題点を踏まえ、新しいバージョンを用意する必要があるだろう。

 またフロントサスペンションについては、FIAの技術規則で『各アップライトと車両をつなぐサスペンションメンバーは6つ以下でなければならない』と定められている。つまりフロントサスペンションについては、上下ウィッシュボーンのメンバーで4つ、プッシュロッド、ステアリングアームで計6つとなる。

 しかしウイリアムズのFW42には、下側のウィッシュボーンアームに沿って細い”7番目”のメンバーが存在していた(下写真の左矢印)。これは開幕戦までに取り除かれることになる。ただし、上側のウィッシュボーンとアップライトをつなぐ、特徴的なマウント(下写真右矢印)の使用は問題ないようだ。

Williams FW42 low wishbone

Williams FW42 low wishbone

Photo by: Giorgio Piola

 これらの変更点は、新車FW42の中でも”攻めた試み”だったものの、それを中止せざるを得なくなったのはチームにとって大きな打撃だろう。それを主導したはずのテクニカルチーフ、パディ・ロウが”個人的な理由”で休暇中であるウイリアムズ……まさに泣きっ面に蜂の状態で開幕戦を迎えることになる。

次の記事
F1にもっと無料放送を! ハミルトン、放送有料化の流れ批判

前の記事

F1にもっと無料放送を! ハミルトン、放送有料化の流れ批判

次の記事

恐れることはない……ハミルトン、チームの”オーバーワーク”を懸念

恐れることはない……ハミルトン、チームの”オーバーワーク”を懸念
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ウイリアムズ
執筆者 Scott Mitchell