F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
50 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
64 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
78 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
92 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
99 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
113 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
127 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
134 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
148 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
155 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
169 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
183 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
211 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
218 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
232 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
239 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
253 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
267 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
274 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
288 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
302 days

ウイリアムズ、”スペアパーツ問題”が再発。クビサのリタイア理由を説明

シェア
コメント
ウイリアムズ、”スペアパーツ問題”が再発。クビサのリタイア理由を説明
執筆:
2019/10/04 7:23

ウイリアムズF1は、ロシアGPでジョージ・ラッセルがリタイアした問題の原因を説明、スペアパーツ不足からロバート・クビサもリタイアさせたと明かした。

 ウイリアムズF1チームは、ロシアGPでジョージ・ラッセルがクラッシュした件について、ホイールの固定に問題が生じたことが原因だったと認めた。また、スペアパーツの不足が懸念されたことから、チームメイトのロバート・クビサをリタイアさせたと説明した。

Read Also:

 ラッセルは、ロシアGP決勝の27周目に不可解なクラッシュを喫した。バーチャルセーフティカーが出されていたにも関わらず、コーナーで止まりきれずバリアに突っ込んでしまったのだ。これはピットストップを行った直後だった。するとチームは、トラブルなく走行を続けていたクビサをピットに呼び戻し、そのままリタイア。ウイリアムズは一足早くロシアGPを終えることとなった。

 しかしチームはレース後に出したリリースの中で、クビサがマシンを止めた理由について、安全上の理由ではなく、フライアウェイのレースが続くというスケジュールを考慮し、“パーツを節約するため”だったと明かした。今季、クビサはここまでのレースを全て完走していたが、チームの手によって今季初リタイアを喫することになったわけだ。

 この状況を受け、クビサのスポンサーであるPKNオーレンは、クビサのリタイア理由についてチームにさらなる説明を求めたと発表。チームが契約上の義務に違反した可能性があるとほのめかした。

 しかし、ウイリアムズは鈴鹿サーキットで開催される日本GPに向けて、十分なスペアパーツが用意できない懸念があることを明かした。シンガポールGPでは、ラッセルがロマン・グロージャン(ハース)と接触しシーズン初リタイア。そして今回と、クラッシュが続いたことがその一因となったようだ。

 ウイリアムズの上級レースエンジニアであるデイブ・ロブソンは、次のように語った。

「ジョージのマシンのホイールナット・リテーナー(固定装置)に問題があり、右フロントのホイールが安全に固定されていなかった」

「そのせいでブレーキング中にタイヤがロックし(クラッシュが起き)た。リテーナーの設計は非常に成熟しており、その信頼性は実証済みだ。残りの在庫パーツは徹底的に検査され、問題の再発はないと思われる」

「残念ながら、シンガポールとロシアの連戦でのアクシデントで負ったダメージにより、ロバートのマシンをリタイアさせなくてはならなかった。そうすることで、今後のイベントに向けて自分たちを守らなくてはならなかったんだ」

「チームは、日本GPや終盤のレースに向けて、より多く走れるように非常に懸命に努力したんだ」

Read Also:

次の記事
F1にスペインの新チームが参入か? カンポス関係者が2021年の参戦に本腰

前の記事

F1にスペインの新チームが参入か? カンポス関係者が2021年の参戦に本腰

次の記事

DAZN、F1日本GP直前ツイッター企画「#おしえてF1」実施中

DAZN、F1日本GP直前ツイッター企画「#おしえてF1」実施中
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ロバート クビサ
チーム ウイリアムズ
執筆者 Adam Cooper