ウイリアムズ、新体制で初の新車発表を3月5日実施。命名規則継続し『FW43B』に

ウイリアムズF1は2021年シーズンの新車FW43Bを3月5日に発表することを明らかにした。

ウイリアムズ、新体制で初の新車発表を3月5日実施。命名規則継続し『FW43B』に

 ウイリアムズF1は、2021年のマシン『FW43B』を3月5日に発表することを明らかにした。

 彼らこの新車発表日をSNSで告知したが、この投稿には、FW43Bのエンジンの“火入れ”音声も含まれており、開発が順調に進んでいることを伺わせた。

 

 ウイリアムズは近年戦績の低迷が続いており、財政面でも苦しい状況にあった。そして昨年中盤、遂にチームは株式をアメリカの投資会社ドリルトン・キャピタルに売却することを決定。ウイリアムズの創業一家はその関わりを終えることになった。

 創業一家がチームを去ったものの、新オーナーは「ウイリアムズの遺産を尊重し、維持していくことの重要性を認識していると」コメント。そして今回発表された新車が過去の命名規則に則った“FW43B”となったていることからも、彼らがウイリアムズ歴史を尊重していることが伺える。

 2021年もウイリアムズはドライバーラインナップを継続。ジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィのふたりで戦いへ挑む。

 これまでに新車発表の日程を明かしているのはメルセデス、マクラーレン、アルファタウリ、アルファロメオ、そしてウイリアムズの5チーム。3月中旬にはプレシーズンテストが予定されているため、残る5チームの新車発表も順次明らかになってくるだろう。

 

Read Also:

各チームの新車発表日(2月5日時点)

Team Date
Mercedes 3月2日
Red Bull  
McLaren 2月15日
Aston Martin  
Alpine  
Ferrari  
AlphaTauri 2月19日
Alfa Romeo 2月22日
Haas  
Williams 3月5日

シェア
コメント
数年前のマクラーレンは“闇堕ち”していた?「まるでダース・ベイダーのようだった」と現CEO

前の記事

数年前のマクラーレンは“闇堕ち”していた?「まるでダース・ベイダーのようだった」と現CEO

次の記事

F1のドメニカリCEO、レッドブルのPU開発凍結プランを支持「F1界全体のためになる」

F1のドメニカリCEO、レッドブルのPU開発凍結プランを支持「F1界全体のためになる」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ウイリアムズ
執筆者 Luke Smith