F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
Race まで
19 時間
:
39
:
00
28 8月
次のセッションまで……
12 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
19 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
26 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
40 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
54 days
23 10月
次のセッションまで……
68 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
76 days

クビサにシーズン途中で放出の噂。ウイリアムズは「絶対にない」と完全否定

シェア
コメント
クビサにシーズン途中で放出の噂。ウイリアムズは「絶対にない」と完全否定
執筆:
2019/07/13 6:46

ウイリアムズの副代表クレア・ウイリアムズは、ロバート・クビサとの関係悪化に関する話題を一蹴し、彼が今季途中でチームを離脱するという噂に関しても否定した。

 今季、不振にあえいでいるウイリアムズだが、中でもロバート・クビサは、チームメイトでルーキーのジョージ・ラッセルからも離されてしまうことが多く、かなり苦戦していると言える。

 ドライバー間のパフォーマンス格差が大きいことから、ふたりのドライバーの実力が同等ではないのではないかとの疑いが強まっている。夏休み明けにはクビサが解雇され、メルセデスのリザーブドライバーであるエステバン・オコンがシートを得る、という噂がまことしやかにささやかれている。

Read Also:

 しかしながらチームの副代表であるクレア・ウイリアムズは、そういったドライバー交代に関する噂は見当違いだと語った。さらに彼女は、チームが2020年のドライバーラインアップについて検討を始めたことを明かしたが、誰を起用するかについては未だ決まっていないという。

「そんな憶測が流れることはとても腹立たしいものです。そういった(噂を流す)人々は裏側で何が起こっているのか知らないのですから」

「それほどに私たちとロバートの関係は強力です」

「彼は落ち着いて自分がしなければならないことをしていますし、私たちは彼により良いマシンを与え、パフォーマンスを発揮できるよう努力しています」

「私たちとしては、(クビサに対し)フラストレーションはありません。ただ彼は、自分の求めるレベルのマシンではないことに多少なりともフラストレーションを抱えていると思います」

「シーズンはまだ折り返し地点ですので、2020年のドライバーラインアップについて考え始めるのは少し時期尚早です」

「とはいえ、私たちはそれについて考え始めました。ただ、私たちはまだ最終的な決定を下す時期にありません。おそらくそれはシーズンの4分の3を過ぎるまでは決まらないでしょう」

「ロバートをシーズン中に交代させることは考えていません。それについては絶対にありません」

 クレア・ウイリアムズはまた、ラッセルがクビサより良いマシンを得ていることが助けになっているとの憶測については、“クレイジー”だと表現した。

「ジョージとロバートのマシンには全く違いがありません」

「私たちには2種類の異なるマシンを作る予算などありませんし、その憶測はまともなものではありません」

「ジョージとロバートはともに同じマシンに乗り、同じテスト項目を毎週末こなしています。私たちは彼らにできる限り最高の機会を与えようとしているのです」

Read Also:

Robert Kubica, Williams FW42, leads George Russell, Williams Racing FW42

Robert Kubica, Williams FW42, leads George Russell, Williams Racing FW42

Photo by: Andy Hone / LAT Images

リカルド、金曜のPUトラブルは”最初のスペック”。土曜はトップ10入りを確信

前の記事

リカルド、金曜のPUトラブルは”最初のスペック”。土曜はトップ10入りを確信

次の記事

ハミルトン、イギリスGPの開催日程に苦言「ウインブルドンと重ねるなんて……」

ハミルトン、イギリスGPの開催日程に苦言「ウインブルドンと重ねるなんて……」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ロバート クビサ
チーム ウイリアムズ
執筆者 Jonathan Noble