F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
22 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
36 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
64 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
71 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
85 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
99 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
106 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
120 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
127 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
141 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
155 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
183 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
190 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
204 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
211 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
225 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
239 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
246 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
260 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
274 days

ウイリアムズ、ティクトゥムの貢献に期待「素晴らしい才能を活用できる」

シェア
コメント
ウイリアムズ、ティクトゥムの貢献に期待「素晴らしい才能を活用できる」
執筆:
2020/01/19 22:48

ウイリアムズは、開発ドライバーに起用したダニエル・ティクトゥムの可能性を最大限に活用できると確信しているようだ。

 ウイリアムズは、開発ドライバーに起用したダニエル・ティクトゥムがシミュレーター作業で素晴らしい才能を見せていると明かし、そのポテンシャルに大きな期待を寄せているようだ。

 レッドブルの育成ドライバーだったティクトゥムは、F1昇格を目指してスーパーフォーミュラに参戦したものの、レッドブルの期待に応えられるような結果を出せず、シーズン途中でレッドブルの育成プログラムから離脱することとなった。

 ティクトゥムのF1への道は絶たれたかと思われたが、昨年末にウイリアムズが彼を開発ドライバーに起用することを発表。F1チームとの関わりを保つこととなった。

 ウイリアムズは、これまでジェットコースターのようなキャリアを過ごしてきたティクトゥムのポテンシャルを最大限に活用できると確信しているという。

 副チーム代表のクレア・ウイリアムズは、ティクトゥムについて次のように述べた。

「彼と一緒に仕事をするのが楽しみです。彼がシミュレーターの作業をした際、チームはこれまで見た中で最高のドライバーのひとりだと言っていました」

「彼は素晴らしい才能を持っていると思いますし、それを活用する必要があります。私たちにはそうした経験があります。彼は自分が何を期待されていて、どういった振る舞いをする必要があるか知っています」

「彼は750人からなるチームの一員です。誰もが自分の役割に気合を入れて取り組み、期待されているような仕事をしなくてはいけません。彼もそれを知っており、理解していると思います」

 ティクトゥムの性格は”我が強い”と評価する声もあり、その率直な発言がレッドブルから非難されたこともある。

 しかしクレア・ウイリアムズは、今のティクトゥムはより成熟しており、自分の状況をより良く理解していると考えている。

「経験を積んだ彼は非常に成熟しています。彼は集中し、私たちが依頼した仕事をやるだけです」と、クレア・ウイリアムズは付け加えた。

「彼は注目すべき人物です。理由が何であれ、このスポーツで失われるべきではない、素晴らしい才能を持ったイギリス人です」

Read Also:

次の記事
”混乱期”にあるルノー。F1活動の継続は”2021年改革”の行方次第?

前の記事

”混乱期”にあるルノー。F1活動の継続は”2021年改革”の行方次第?

次の記事

ハリウッド映画のようだった……ガスリー、激動の2019年を振り返る

ハリウッド映画のようだった……ガスリー、激動の2019年を振り返る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニエル ティクトゥム
チーム ウイリアムズ
執筆者 Jonathan Noble