ウイリアムズ、来季のアルボンのチームメイトは誰だ? まずはサージェントの”スーパーライセンス獲得”を待つ

ウイリアムズは、2023年のドライバーラインアップを決定する前に、チームの育成ドライバーであるローガン・サージェントがスーパーライセンスを獲得できるか否か、その結論を待っているようだ。

ウイリアムズ、来季のアルボンのチームメイトは誰だ? まずはサージェントの”スーパーライセンス獲得”を待つ
Listen to this article

 ウイリアムズは、来季のドライバーラインアップを決めるにあたり、ローガン・サージェントがスーパーライセンスを獲得できるかどうかを注視しているようだ。

 F1は来シーズンに向けて、ドライバーの移籍市場が加熱している。多くのチームが、少なくとも一方のドライバーが変更される予定であり、今シーズンと比べて大きく変容することになるだろう。

 ウイリアムズは、アレクサンダー・アルボンとは今季からの複数年契約を結んでいるため、来季も継続起用される。しかしもうひとつのシートには、複数のドライバーが候補として名が挙がっている。

 そんな中でも有力視されるのが、ニック・デ・フリーズとローガン・サージェントである。

 デ・フリーズは先日行なわれたイタリアGPで、虫垂炎に見舞われたアルボンの代役としてF1デビュー。初戦ながら9位入賞を果たすという印象的な活躍を見せた。ただデ・フリーズに関してはアルピーヌやアルファタウリも興味を持っていると言われており、ウイリアムズとしてはライバルが多いという状況だ。

 デ・フリーズがレッドブル陣営に加入することが決まった場合、ウイリアムズとしては選択肢が少なくなってくる。しかも、サージェントとて確実にF1デビューできるという保証はない。サージェントはまだ、スーパーライセンス発給の条件を満たしていないのだ。

 今季はFIA F2に参戦しているサージェント。ウイリアムズの育成ドライバーとして下位カテゴリーを登ってきた存在だ。モンツァ戦を終えた時点ではランキング3番手で、このままのポジションをキープすることができれば、無条件でスーパーライセンス発給の要件を満たすことができる。しかし、ランキング9番手の岩佐歩夢まで21ポイントしか差はなく、3〜9番手あたりの順位はどうなるかまったく分からない状況にある。

 サージェントは、ここ数年の成績を加味すれば、ランキング5位以上でスーパーライセンスポイント40を満たすことになる。ただ、サージェントがスーパーライセンス獲得を逃せば、ウイリアムズは別の選択肢を探さなければならない。

 そうなった場合、2021年型のアルピーヌをテストする予定の、アントニオ・ジョビナッツィも候補のひとりとなろう。ただジョビナッツィは、ミック・シューマッハーの後任としてハース入りする可能性も取り沙汰されている。またシューマッハーも候補になりうるだろう。さらに2020年のサクヒールGPで、ルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスをドライブすることになったジョージ・ラッセルの代わりにウイリアムズを走らせたジャック・エイトケンも起用することができる。

 またさらなる選択肢として、アルピーヌからジャック・ドゥーハンをレンタルすることもできるだろう。当初アルピーヌとウイリアムズは、ピアストリを来季デビューさせるために、レンタル移籍を計画していたという話がある。この道筋を復活させるという可能性だ。

 イタリアGPの際、ウイリアムズのチーム代表であるヨースト・カピトは、ルーキードライバーを受け入れる可能性があるということを認めていた。

「良いドライバーの選択肢がある」

 カピト代表はmotorsport.comにそう語った。

「若いドライバーと起用するという良い選択肢もあるし、経験豊富なドライバーもいる。それは全く異なる哲学、そして全く異なる戦略だと思う」

「チームの状況によって、様々な戦略に取り組むことができる。経験豊富なドライバーがふたり必要なほど先頭を争っているわけではないから、少し実験して、若いドライバーを参加させることもできる」

 サージェントがF1にデビューする準備ができているかどうかを尋ねられたカピト代表は、次のように語った。

「彼は準備ができていると思う。彼には(スーパーライセンス)ポイントが必要だ。ポイントを獲得できなければ、何の役にも立たない。しかしポイントを獲得できるかどうかに関わらず、彼は準備ができていると確信している」

 サージェントも、スーパーライセンスポイントの件で話題となったコルトン・ハータと同様、アメリカ人ドライバーである。F1の人気はアメリカで急拡大しているところであり、さらに来季はアメリカ国内で3戦開催される予定。そんな中でアメリカ人ドライバーを走らせれば、ウイリアムズに注目が集まることになる。

 しかしカピトCEOは、そのことがサージェントを起用する大きなモチベーションになることはないと否定する。

「そのことが理由で彼を採用することはないだろう。彼の準備ができていて、十分な能力があると考えるか、そうでないかのどちらかだ。彼はもう1年F2を走るかもしれないし、その他に何だってできるだろうね」

 
Read Also:

シェア
コメント
ダニール・クビアト、国籍の”難題”も乗り越え、F1復帰の可能性もあると自信「絶対ないなんて誰にも言えないが、今はタイミングが良くない」
前の記事

ダニール・クビアト、国籍の”難題”も乗り越え、F1復帰の可能性もあると自信「絶対ないなんて誰にも言えないが、今はタイミングが良くない」

次の記事

F1はペナルティの混乱にサヨナラできる?「予選後数秒で暫定グリッドを発表できるはず」の声

F1はペナルティの混乱にサヨナラできる?「予選後数秒で暫定グリッドを発表できるはず」の声