ウイリアムズFW43B、そのスポンサーロゴの少なさはチームの明るい未来を暗示している?

ウイリアムズのヨースト・カピトCEOは、新車『FW43B』のスポンサーロゴの少なさについて説明。オーナーであるドリルトン・キャピタルから全面的な支援を受けているため、チームのブランドを犠牲にしてまで“スポンサーマネーを搾り取る”ことはしないと語った。

ウイリアムズFW43B、そのスポンサーロゴの少なさはチームの明るい未来を暗示している?

 先日、2021年マシン『FW43B』を発表したウイリアムズ。そのFW43Bは印象的なカラーリングで目を引くものであったが、いくつかのスポンサーロゴはサイズが縮小されており、エンジンカウル部分などを中心に多くの“余白”が目立っていた。

Read Also:

 しかしウイリアムズのCEOであるヨースト・カピトによると、これは意図的なものであったという。彼はチームがどのようにして独自のアイデンティティを強化し、新オーナーであるドリルトン・キャピタルの関与を示したかったのかについて説明した。

「これは我々の新たな方向性と長期的な野心を示すものであり、ウイリアムズのブランドが今後の焦点となることを示している」とカピトCEOは語る。

「ウイリアムズ・レーシングはF1、もっと言えば世界のモータースポーツにおいて最も著名な名前のひとつだ。そして我々も、その名前が価値のあるものであると考えている」

「今後数ヵ月の間に、長期的な観点でどのようにしてウイリアムズブランドに投資し、発展させていくのかについて見てもらうことになるだろう」

「これはドリルトンの全面的なバックアップを受けてのアプローチであり、スポンサーマネーを搾り取ることよりも優先される。我々は自分たちとビジョンを共有できるブランドとパートナーを組む」

「新たなオーナーシップと進行中の戦略は、我々と契約しているパートナーたちや交渉中のパートナーたちを既に惹きつけている」

「何かをお知らせするにはまだ早過ぎるが、近い内にいくつか発表があるだろう」

 米国の投資ファンドであるドリルトン・キャピタルは、昨年夏にウイリアムズの買収を完了。チームに資金を投入し、財政状況を好転させることに貢献した。

 ウイリアムズは2018年以来、3シーズン連続でコンストラクターズランキング最下位となっている。しかし2020年はジョージ・ラッセルが度々予選Q2に進出するなど上昇の兆しを見せており、2021年シーズンに向けての後押しとなっている。

 カピトCEOは、ウイリアムズの今後の展開に向けてドリルトン・キャピタルが既に全面的なサポートをしてくれていると説明し、その支援は予想以上のものだと語った。

「ドリルトンはオーナーシップを獲得して以来、既に大量の投資をしている。そしてそれは今も続いている」

「我々が潜在的なパフォーマンス改善策を思いついた場合、我々はドリルトンから全面的なサポートを受けることができる。これは間違いなく素晴らしいことだ」

「これは私がこの役割を引き受けた時に予想していたものよりも、はるかに素晴らしい。我々が改善できる可能性のある分野は非常に多いと認識している」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
フェラーリF1、逆襲の準備は整ったか? 新車『SF21』を発表、トップチーム返り咲き狙う

前の記事

フェラーリF1、逆襲の準備は整ったか? 新車『SF21』を発表、トップチーム返り咲き狙う

次の記事

フェラーリF1、2021年型マシンSF21のリヤエンドを”根本的”に変更

フェラーリF1、2021年型マシンSF21のリヤエンドを”根本的”に変更
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ウイリアムズ
執筆者 Luke Smith