F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
51 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
65 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
79 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
93 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
100 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
114 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
128 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
135 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
149 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
156 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
170 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
184 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
212 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
219 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
233 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
240 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
254 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
268 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
275 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
289 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
303 days

メルセデス代表、チームを離れる意思はなし?「今以上に良い環境は想像できない」

シェア
コメント
メルセデス代表、チームを離れる意思はなし?「今以上に良い環境は想像できない」
執筆:
2019/12/07 0:39

メルセデスF1チームのトト・ウルフ代表は、メルセデス以上に良い環境は想像できないと語った。

 メルセデスF1チームのCEOおよびチーム代表として、前人未到の6年連続ダブルタイトルを成し遂げたトト・ウルフ。彼はメルセデスを離れて現F1会長のチェイス・キャリーの後を継ぎ、F1運営に関わるのではないかとも噂されてきた。

 しかしながら、2019年シーズン最終戦のアブダビGPを終えたウルフは、メルセデスに残るつもりだと語った。

「キャリアを考える上で、考慮すべき要素はとても多くある」

「実際に自分をハッピーにさせてくれるものは何なのか? 困難な時期にあっても、ベッドから出られるのはなぜなのか?」

「チームで7年働いた後であっても、チーム内の関係性が私に多くの力を与えてくれるんだ。現時点で、これ以上良い場所は想像できない」

 メルセデスに加入する前、ウルフはウイリアムズでチームオーナーのフランク・ウイリアムズを補佐する立場にいた。しかし、メルセデスからのオファーを受けてウイリアムズを離れ、2013年1月にメルセデス・ベンツ・モータースポーツのマネージングディレクターに就任した。

 当時、メルセデスF1チームはロス・ブラウン(チーム代表)やニキ・ラウダ(非常勤会長)、ニック・フライ(CEO)が率いていたが、2013年4月にフライが離脱、シーズン終了後にブラウンもチームを離れ、以来ウルフがチーム代表およびCEOを務めている。

 チームの株式も所有しているウルフは、自身がビジネス的な側面も担い、ラウダと役割をシェアしていたことで、メルセデスにはライバルチームとは違った活力があったと話す。

「2012年に私に与えられたチャンスと信頼を、常に尊重している」

「ダイムラーのような会社にとって、パートナーであるニキや私の株式保有を認めるのは簡単なことではないと思う」

「それ以来、意思決定を行なうダイムラーの取締役会だけでなく、我々と旅を共にするダイムラー従業員との関係も強化された」

「こうした関係性は、生活の質を根本的に決定する。今後も、彼らは私に企業家的なやり方でチームを運営し続ける自由を与えてくれると確信している。私は、それを単純に楽しめるし、私にチャンスを与えてくれるんだ」

「だからフットボールチームの監督のように、3年か5年ごとにチームを移り、自分自身の”刷新”をしていく必要はない。私には、株主としてのチャンスも与えられている」

 ウルフは、今季のブラジルGPを欠場。メルセデスに加わってから初めて、グランプリの週末にサーキットを訪れなかった。当時、メルセデスはすでにタイトル獲得を決めていたため、ウルフはヨーロッパに留まると説明されていたが、ブラジルGPの翌周にサウジアラビアで行なわれたフォーミュラEの開幕戦には姿を現している。

 来季は史上最多の22戦が予定されていることから、ウルフは『政治的に正しくないのでどことは言えないが、来季も1戦くらい欠場したい』とジョークを飛ばし、チームに帯同しない可能性があることを示唆した。

 ただし、これは彼の後任を見つけるためのプロセスの始まりではないと述べた。

「ブラジルでの欠場は、(2020年に)カレンダーが22戦となって私が欠場することを選んだ場合に、チームの上級メンバーがどう動くかを知るためのものだった」

「それは常々私がやりたいと思っていたことだった。私としてはとてもリラックスしていたけど、奇妙な感じだったよ」

「スポーツ心理学者によれば、他のみんなが働いていることは分かっていたから、楽しさが倍増しなかったんだそうだ!」

「しかし、チームで上級職に就いているメンバーは全員、自身がチームにもたらす貢献について意識する必要がある。その貢献が重要であれば、すべてのレースに出る必要がある。だから、解決策は見つからなかったんだ」

Read Also:

次の記事
ホンダとの1年目は”予想以上”。レッドブル代表「来年はタイトルに挑戦」

前の記事

ホンダとの1年目は”予想以上”。レッドブル代表「来年はタイトルに挑戦」

次の記事

夢のチャンピオンチームに……2021年に向けメルセデスに“売り込む”ドライバーたち

夢のチャンピオンチームに……2021年に向けメルセデスに“売り込む”ドライバーたち
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Scott Mitchell