メルセデス代表、納得できない裁定が連続したサンパウロGP乗り越え「今回で”外交的”なのは止める」

メルセデスのトト・ウルフは、激動のサンパウロGPを終え、「外交的な態度」をとるのはやめると語った。

メルセデス代表、納得できない裁定が連続したサンパウロGP乗り越え「今回で”外交的”なのは止める」

 メルセデスとルイス・ハミルトンにとって、F1第19戦サンパウロGPは激動の週末になったと言えるだろう。

 金曜日のノックアウト予選ではハミルトンがトップタイムを記録したものの、車検でDRSの技術規定違反が発覚して失格となり、スプリント予選を最後尾からスタートすることになってしまった。

 メルセデスは、通常ならパーツを修復できるはずだとして、この裁定は「厳しい」と不満を示したものの、抗議はしなかった。

 ハミルトンはスプリント予選で最後尾から5番手まで挽回。エンジン(ICE)を交換したペナルティにより、決勝レースは10番手からのスタートとなった。

 そして決勝では猛烈な勢いで追い上げ、先頭集団に加わったハミルトンが48周目に首位を走るマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に襲いかかった。イン側にいたフェルスタッペンに押し出されるような形で2台がコースオフしたが、フェルスタッペンにはお咎めなし。メルセデスのトト・ウルフ代表は、審議もしないというレースコントロールの決定に対し、「笑える」とコメントした。

Read Also:

 メルセデスが他のチームと同等に扱われていると思うかと聞かれたウルフは、文句を言いたいわけではないが、問題について外交的な態度をとる時期は終わったと感じていると答えた。

「私はここで文句を言いたいわけではない。なぜならそれは、私がこのスポーツをどう見ているかということを示しているわけではないからだ」

「この週末は、我々にとって不利にも有利にもなり得る裁定で、何度も何度も顔を殴られたようなものだと思う」

「判断がいつも自分たちに不利な方向に傾いてしまうと、それだけで腹が立ってしまうが、私は自分のチームとドライバーを何があっても守る」

「私はこれまで、物事を議論する際には非常に外交的だった。しかし、その外交関係は今日で終わりだ」

 ウルフは、ルールブックで認められているのであれば、フェルスタッペンのような動きを認めることに満足しているものの、明確にする必要はあると考えていると付け加えた。

「ルールがどうであれ、もしルールがそれを許すというなら、私はそうしてもいい。それで大丈夫だ」

「私は”ハードなレース”を許すという原則について議論しているのではない。激しいレースは素晴らしいし、やるべきだ。しかし誰かをコースから追い出してはいけないということが、以前から明確になっているのなら、それはダメだ」

 
Read Also:

シェア
コメント
【特集】F1のオーバーテイク史:そもそもオーバーテイクって何だ? 最多回数を記録したレースやドライバーは?
前の記事

【特集】F1のオーバーテイク史:そもそもオーバーテイクって何だ? 最多回数を記録したレースやドライバーは?

次の記事

マクラーレン、アウディによるF1参入目指した”買収”報道を否定

マクラーレン、アウディによるF1参入目指した”買収”報道を否定
コメントを読み込む