F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
13 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
27 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
41 days

もっと速いはずなのに……メルセデス代表、パフォーマンスに疑問符

シェア
コメント
もっと速いはずなのに……メルセデス代表、パフォーマンスに疑問符
執筆:
2019/07/28 12:38

メルセデスのトト・ウルフ代表は、ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得したにもかかわらず、もっと競争力が高いと考えていたと語った。

 メルセデスは、チームにとってのホームレースである第11戦ドイツGPで、ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。にも関わらず、トト・ウルフ代表はもっと競争力が高いはずだったと語った。

 メルセデスは、第9戦オーストリアGPで冷却問題に直面。ドイツGPには、マシンの冷却面を強化して臨んでいる。しかし、フリー走行ではフェラーリ勢が速さを見せ、3セッション共にトップタイムをマークした。

 ウルフは、トラブルの連続でポールポジション争いに絡むことができなかったフェラーリが仮にQ3を走っていれば、メルセデスがポールポジションを獲得してはいなかっただろうと話した。

「我々はもっと競争力があることを期待していた」と、ウルフは語った。

「今週末、我々は非常に充実したアップグレードパッケージをマシンに導入したが、バルセロナと同じようなセクター3と、オーバーヒートの問題には対処しなければいけなかった。我々は突出していなければいけなかったんだ」

「しかし、週末を通じてそうはなっていない。基本的に、我々は自分たちのパフォーマンスに満足していない。フェラーリが予選を最後まで走っていれば、結果は違っていただろう」

 なぜパフォーマンスが予想を下回っているのかと訊くと、ウルフは次のように答えた。

「いいや、分からない。サーキットのレイアウトや路面、熱やプレッシャー、空力パッケージの微調整など、考慮すべき要因はとてもたくさんあるんだ」

「ブダペストに行く前に、分析するべき要素がたくさんある」

 ウルフは、フリー走行から予選Q1、そしてQ2で大きく改善できた理由についても、説明できないという。

 ウルフは決勝では、レッドブルからの脅威に対抗する必要があると考えているようだ。

「マックス・フェルスタッペンは、荒れた路面で暑いコンディションの中、上手くドライビングしていると思う。マックスとレッドブルは、全体的に素晴らしいレースペースを持っていると思う」

次の記事
ノリス、バッテリー交換で19番グリッドに降格。最後尾はベッテルで変わらず

前の記事

ノリス、バッテリー交換で19番グリッドに降格。最後尾はベッテルで変わらず

次の記事

F1ドイツ決勝速報:雨のサバイバルでフェルスタッペン優勝、ホンダPUがW表彰台!

F1ドイツ決勝速報:雨のサバイバルでフェルスタッペン優勝、ホンダPUがW表彰台!
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第11戦ドイツGP
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Adam Cooper