ハミルトンの強さは、ドライビングだけじゃない……メルセデス代表が語る

シェア
コメント
ハミルトンの強さは、ドライビングだけじゃない……メルセデス代表が語る
執筆: Adam Cooper
2018/11/05 23:14

メルセデスのトト・ウルフ代表は、今季のルイス・ハミルトンは、ドライビングだけではなく、マシンを降りた時の立ち振る舞いも、昨年までよりも格段に成長したと考えている。

 メルセデスのトト・ウルフ代表は、今季のルイス・ハミルトンは、ドライビングだけではなく、マシンを降りた時の立ち振る舞いも、昨年までよりも格段に成長したと考えている。

 ウルフ代表は、ハミルトンは以前よりも”完全な”ドライバーになったと指摘しつつも、常に改善する余地があったと主張する。

「今年の彼は、6年間見てきた中で最高の”ルイス・ハミルトン”だ」

 そうウルフ代表は語る。

「彼はうまくドライブするようになっている。でも彼はマシンを降りた後も素晴らしいんだ」

「とても完成されている。しかし、我々がもっと高いところに到達しようとする限り、決して完璧などということはない。そう言ってしまえば、それは愚かなことに聞こえる」

 2018年のハミルトンの強みについて尋ねられると、ウルフ代表は次のように説明した。

「彼は穏やかさを保ち、神経を静めているように思う」

「我々のマシンには、勝つのに十分なパフォーマンスがあった時と、そうじゃない時があった。でも彼は常に安定していた」

「彼のレースの組み立て方は素晴らしい。それは常に彼の強みだった。しかし今年は、明らかにそれが重要な要素のひとつだった」

 ウルフ曰く、ハミルトンは年々チームへの関与を強めているという。

「我々がチーム内に作った素晴らしい環境の結果、我々はお互いに、本当に正直に語り合えるんだ」

「メキシコGPの金曜日、そのデブリーフィングはとても挑戦的なものだった。我々はマシンに全く満足できていなかった。正直、とても赤裸々な内容の話し合いだった。それをするためには、安全な環境が必要だったのだ」

「それこそが、彼がメルセデスに所属し、とても活発に働くことができている理由だ。この数年間で、彼はどんどん活発になっていった」

 ハミルトンは、2020年までメルセデスと契約を交わしている。しかしウルフ代表は、それを超えてさらに長期にわたって、ハミルトンがチームに留まることを期待している。

「我々に競争力があり、そしてチャンピオンシップに勝てるクルマを提供し続ける限り、彼は今のようにドライブし続ける……この関係は永遠なんだ」

 アメリカGPとメキシコGPで苦戦を強いられたメルセデス。チームは、コンストラクターズタイトルをしっかり手にすることに、集中しているとウルフ代表は強調した。

「仕事はまだ終わっていない。我々は5度目のドライバーズタイトルを獲得できたことに、とても満足している。それは、最も重要なチャンピオンだからね」

 そうウルフ代表は語った。

「しかし、まだコンストラクターズチャンピオンを決めていない。我々は確実にそれを手にしたいと思っているんだ。みなさんが考えているように簡単なモノじゃない」

次の記事
レッドブル・ホンダの躍進を、”燃料メーカー”が加速させる?

前の記事

レッドブル・ホンダの躍進を、”燃料メーカー”が加速させる?

次の記事

ルクレール「今年は大きな期待を受けたが、プレッシャーはなかった」

ルクレール「今年は大きな期待を受けたが、プレッシャーはなかった」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Adam Cooper
記事タイプ 速報ニュース