F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
3 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
10 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
24 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
38 days

メルセデス代表、ハンガリーGP優勝争いに”拍手”「ハミルトンは異次元だった」

シェア
コメント
メルセデス代表、ハンガリーGP優勝争いに”拍手”「ハミルトンは異次元だった」
執筆:
協力: Adam Cooper
2019/08/06 9:24

メルセデスのトト・ウルフ代表は、ハンガリーGPで優勝を争ったルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンは”別のクラス”のようだったと話した。

 メルセデスのチーム代表を務めるトト・ウルフは、ハンガリーGP優勝を達成したルイス・ハミルトンの走りは、別次元だったと振り返った。

 3番グリッドから決勝に臨んだハミルトンは、オープニングラップでチームメイトのバルテリ・ボッタスを逆転。フェルスタッペンとテール・トゥ・ノーズのバトルを展開した。

 フェルスタッペンを打ち負かすため、メルセデスは2ストップ戦略に切り替え、レース後半でハミルトンをピットに呼び戻した。これにより、フェルスタッペンとは残り22周で21秒ほどの差が開いたものの、ハミルトンは猛烈な勢いで追い上げ、4ラップを残してフェルスタッペンをオーバーテイク。今季8勝目を挙げた。

「時代を支配するためには、チームが団結して何か特別なものを生み出す必要があるんだ」

 ウルフは、ハンガリーGPでの勝利について、そう語った。

「チームの誰が欠けてもダメだが、当然マシンに乗っているドライバーが適切じゃなければいけないんだ。今回の彼(ハミルトン)のドライブは、別次元だと私は思った」

「1周目のバルテリとルイスのバトルでは、お互いにリスペクトしていることが分かった。それは間違いなく良いことだ」

「そしてハードタイヤを履いている時、ルイスはフェルスタッペンに追いつき、懸命に追いかけた。ふたりの素晴らしいドライバーが、お互いに敬意を持ってバトルをしていた。そうでなくては、時速180マイル(約290km)で一緒にコーナーを曲がることはできない」

 ウルフは、今季2勝を挙げているフェルスタッペンをタイトル争いの脅威だと、ハンガリーGP前に強調していた。

 ハミルトンがハンガリーGPで今季8勝目を挙げたことで、ランキング2位のボッタスを62ポイントリード。フェルスタッペンはランキング3位で、ボッタスに対し7ポイント差に追っている。

 ハンガリーGPを終え、F1は約1カ月の夏休みに突入する。優勝という結果を残して夏休みに入ることの重要性について訊くと、ウルフはmotorsport.comに次のように語った。

「ドライバーズチャンピオンシップにおけるリードを広げられた。4週間後、次のトラックに行くまで、それを噛みしめることができる。ライバルたちにとっては逆だ」

「個人的に私が満足しているのは、今の我々が素晴らしいレースカーを持っているということだ。トラック上で最速のマシンだった」

「フェルスタッペンとハミルトンのバトルを除き、他の全員が”別のクラス”だったようだ」

「それでも、休憩した後はスパ(ベルギーGP)やモンツァ(イタリアGP)のモードになる。全く異なるレイアウトのトラックだし、パワーがとても重要だ。フェラーリのマシンにぴったり合っていると言えるだろう」

「我々にとって、それは難しいことだ。だからこそ今を楽しんでいる。そして、スパで競争力を発揮するために、自分たちの問題を解決することに取り組んでいくんだ」

次の記事
ノリス、ピットでのミスが響き9位も「それ以外は本当にポジティブ!」

前の記事

ノリス、ピットでのミスが響き9位も「それ以外は本当にポジティブ!」

次の記事

F1分析|ハミルトン執念の49周目。超速アウトラップが勝利に繋がった?

F1分析|ハミルトン執念の49周目。超速アウトラップが勝利に繋がった?
コメントを読み込む