金でどうにもならない問題もある! メルセデス、大苦戦W13の改善は「予算上限が無くとも変わらなかったはず」

メルセデスF1のトト・ウルフ代表は、2022年シーズンの苦戦は予算を湯水の如く使えたとしても変わらなかっただろうと考えている。

Lewis Hamilton, Mercedes W13

 F1の2022年シーズンはレッドブルが支配的な強さを見せつけた一方、近年のF1を席巻してきたメルセデスが凋落した。新世代のレギュレーションに苦しんだメルセデスだが、チーム代表は予算上限が無くとも状況は変わらなかっただろうと語っている。

 今シーズン、F1は新たなテクニカルレギュレーションへと移り変わり、グラウンドエフェクトカーへとマシンが回帰した。その新レギュレーションのもとで、苦戦してしまったのがメルセデスだ。

 多くのチームがポーパシングに悩まされたが、メルセデスはその中でも特に苦戦。ポーパシングだけではなく、バウンシングにも苦しめられ、シーズンを通じて問題への対処を迫られた。

 後半戦のアメリカGPで投入したアップデートが効果を発揮し、パフォーマンスを発揮できるようになり、サンパウロGPでジョージ・ラッセルが優勝。シーズン未勝利はなんとか避けることができた。

 F1は2021年から財務レギュレーションが開始され、年間の予算上限が設定されるようになった。これまでのようにビッグチームが資金にモノを言わせた開発を行なうことができなくなったのだ。

 ただ、メルセデスのトト・ウルフ代表はそうした予算上限が無かったとしても、W13の問題解決に対しては違いはなかっただろうと語っている。

「我々が能力に欠けていたわけでも、ツールや時間が不足していたわけでもない」

 ウルフ代表は、ポッドキャストのBeyond the Gridでそう語っている。

「そういったコト(予算)より、問題の根っこにたどり着くために玉葱の皮を1枚1枚剥がしていくような作業が必要だったんだ。だから、予算上限が無くとも、何も変わらなかっただろう」

"We weren't lacking any of the tools, nor time. It was more that we needed to peel off layer by layer in order to get to the ground of the problem."

Photo by: Gareth Harford / Motorsport Images

 なおメルセデスは前述のようになんとか勝利を収めたものの、ポーパシングの抑制という点では最後まで悩まされた。最終戦アブダビGPでもまだW13は跳ね回っていたのだ。

 ウルフ代表はメルセデスがW13の動きを制御する上で、問題を解決できなかったものの、チームが「来年はより楽になっているだろう」と考えていると説明した。

「いくつか、マシンのレイアウトやアーキテクチャを変更している。これが適切な方向を示すはずだ」

「しかしこうした新しいレギュレーションになった際には、ある問題を発見しても、その下にはまた別の問題があったことに気がつくこともある」

「我々は謙虚で居続ける必要があり、チャンピオンシップ争いに戻り、すぐにまた勝てる資格があると考えてはいけないんだ。この先を本当に楽しみにしている」

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 雨のF1レースは増えるのか? ”追加ホイールアーチ”の評価進行中「50%くらいの改善にはなるはず」
次の記事 契約問題に明け暮れた日々……アレックス・パロウ、厳しい日々を語る。”F1はレースの頂点”と認めつつも「参戦は現実的に難しい」と覚悟

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本