F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
8 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
15 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
36 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
50 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
64 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
92 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
99 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
113 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
120 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
134 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
148 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
155 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
169 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
183 days

できるならば中国でレースがしたいが……メルセデスのウルフ代表が複雑な胸中語る

シェア
コメント
できるならば中国でレースがしたいが……メルセデスのウルフ代表が複雑な胸中語る
執筆:
協力: Jonathan Noble
2020/02/11 9:04

メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、F1中国GPが開催されることを望んでいるが、健康問題が最優先事項であると語った。

 新型コロナウイルスが猛威をふるっている中国では、国際的なスポーツイベントが軒並み中止となっている。フォーミュラEの三亜ePrixも既に延期がアナウンスされており、4月に予定されているF1中国GPの開催もかなり厳しい状況にある。

 各国政府が中国からの退避を勧告したり、航空会社が中国行きの便を欠航とするなど状況が悪化していく中、中国GPのプロモーターは今後数週間で開催可否を決定するものと見られている。

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、そういった状況にありながらも、チームがビザの申請を含め、中国GPに向けて通常通りの準備を進めていると主張した。

「中国で行なわれるフォーミュラEのレースに関しては、キャンセルとなった」とウルフは語った。

「確かフォーミュラEは(F1中国GPより)1カ月ほど早い時期に予定されていて、先日キャンセル(延期)が発表された。だから私は中国GPを行なうことができると非常に期待している」

「生体認証のために中国大使館に向かうつもりだ。現時点ではあらゆるものが中国GP開催に向かっているように見える」

 またウルフは、中国GPがキャンセルになれば、F1人気が高まっている中国に失望を与えることになるだろうと語った。

「(中国GPが)開催されないとなると、それは残念はことだ。昨年はグランドスタンドが完売していて、観客で溢れかえっていた。中国はかなり重要な市場となってきている。上海でレースが開催されないのは、ファンにとっても、我々にとっても良いことではない」

「ただ、身の安全が最優先だ。この事態が収束することを願っている。それが何よりも優先されるべきことだ」

Read Also:

次の記事
メルセデス、新パートナー獲得でF1参戦継続は確実か「撤退の噂は”ナンセンス”」

前の記事

メルセデス、新パートナー獲得でF1参戦継続は確実か「撤退の噂は”ナンセンス”」

次の記事

2020年のホンダF1に必要とされる、”劇的”な進歩……王座を獲得するために

2020年のホンダF1に必要とされる、”劇的”な進歩……王座を獲得するために
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper