ウルフ代表が明かすメルセデスF1苦悩の日々。2022年前半戦は「何をやっても上手くいかないように思えた……」

メルセデスのトト・ウルフ代表が、チームの2022年シーズン前半戦を振り返り、「落胆と歓喜」を繰り返したと苦悩の日々を語った。

ウルフ代表が明かすメルセデスF1苦悩の日々。2022年前半戦は「何をやっても上手くいかないように思えた……」
Listen to this article

 F1のコンストラクターズタイトル9連覇を目指して新レギュレーション到来の2022年シーズンへ臨んだメルセデスだったが、序盤から大きく苦戦。優勝候補の一角とされていたチームは、マシンに発生したポーパシングやバウンシングといった問題を克服できないままレースを終える日々が続いた。

 しかしメルセデスは、シーズンが進むにつれ状況を改善。前半戦終了までにはコンストラクターズランキング3番手を堅実なモノとし、レッドブルとフェラーリにも時折食って掛かる速さをルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルのふたりは見せてきた。ただ、純粋な速さで優勝を狙うまでには至っていない。

 メルセデスでチーム代表を務めるトト・ウルフは、自身のマネージメントスタイルの一部として、常に挫折や困難な時から学ぶことの重要性を強調してきた。しかし、今季はここまで大きく揺れ動いた感情をマネージメントすることが難しかったと明かしている。

「本当のところ、とても辛かったし、自分の価値観や疑問に従って生きることも難しかった」

 motorsport.comのインタビューの中で、ウルフは今シーズンここまでを振り返ってそう語った。

「落胆から歓喜へ……そして次の日にはその逆へと揺れ動いた。何をやっても上手くいかないと感じ始めると、まるで天気占いのように思えた」

「事象を確認して、全く機能していないことを発見することで、一歩前に前進できる。そして何が上手くいかないかが分かると、別の方法では機能するようになるのだ」

「私が説いてきたこと、読書を通して得たモノは全て、成長するためには失うことも重要だということだ。とても難しいことだが、これまでのところ実生活で活きているのだ」

George Russell, Mercedes W13, Lewis Hamilton, Mercedes W13

George Russell, Mercedes W13, Lewis Hamilton, Mercedes W13

Photo by: Drew Gibson / Motorsport Images

 メルセデスは2022年シーズンのサマーブレイクを前に、6戦連続表彰台を獲得。フランスGPとハンガリーGPではダブル表彰台を記録した。

 ハンガリーGPでは更に、予選でラッセルがF1キャリアで初、チームとしても今季初のポールポジションを獲得するなど、パフォーマンスの改善が結果として表れている。

 メルセデスでトラックサイド・エンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショブリンは以前、チームはマシンの振動に対して短期的な解決を講じるのではなく、今後に向けて問題を完全に理解するためにシーズン前半は苦痛を受け入れる必要があると語っていた。

 ウルフに対して、チームが短期的な苦痛を体験することに価値があるかと尋ねると、彼はこう答えた。

「むしろ無いほうが良かった」

「我々は何とか挽回できた。思っているよりも些細な問題も多い。他のことは今はなきポーパシングの克服において重要だった」

「エンジニアリングの観点から言えば、それは確かに貴重なモノだった。しかし我々全員、普通の人、プロの立場からしても、対処するのはとても難しいことだった」

「もしトップエンジニアが、なぜデータと実走行の相関関係が取れないのかをきちんと理解できていなければ、一筋縄ではいかないからだ」

「迷ってしまうのだ。完全に迷子になったという感じではないが、『これを理解するのに何年かかるんだろう』と思ってしまう。次のシーズンが近づいてきているからね。『来季のマシンから障害を取り除くためにも、早くこの事態に対処しなきゃならない』と感じるようになるのだ」

 
Read Also:

シェア
コメント
F1前半戦総括|2戦連続ダブル表彰台のメルセデス、しかしマシンのパフォーマンス改善はまだまだ先?
前の記事

F1前半戦総括|2戦連続ダブル表彰台のメルセデス、しかしマシンのパフォーマンス改善はまだまだ先?

次の記事

8月に翌年のレギュレーションが変更されるのは遅すぎる? アルピーヌ「上位チームにとっては素晴らしいことだろう」

8月に翌年のレギュレーションが変更されるのは遅すぎる? アルピーヌ「上位チームにとっては素晴らしいことだろう」