F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
52 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
66 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
80 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
94 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
115 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
129 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
150 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
157 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
171 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
185 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
213 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
220 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
234 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
255 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
269 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
276 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
290 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
304 days

メルセデス率いるトト・ウルフ、F1CEO就任は否定「100%自分の役割に集中」

シェア
コメント
メルセデス率いるトト・ウルフ、F1CEO就任は否定「100%自分の役割に集中」
執筆:
2019/05/12 8:54

メルセデスのボス、トト・ウルフはF1会長のチェイス・キャリーの後釜に収まるのでは無いかという噂を否定し、チームから離脱することは検討していないと語った。

 リバティ・メディアはF1のリーダーシップを強化するための長期的な計画を検討しており、2017年からF1のCEOを務めているチェイス・キャリーの交代も検討されていると考えられる。

 その後任候補には、2013年にメルセデスへ加入し、チーム代表として5年連続のF1ダブルタイトル獲得に導いたトト・ウルフが含まれている可能性がある。

 メルセデスは他の殆どのF1エントラントと同様、2020年までF1に参戦することに合意している。そして2021年に予定されている新たなレギュレーション策定に関する議論に積極的に関わっている。

 第5戦スペインGPの週末、ウルフはメルセデスのF1プログラム以外に検討していることは無いと語った。

「多くの憶測があるようだが、私はメルセデスで”普通の役割”をこなしているわけではない」

「私は素晴らしい場所にいるんだ。チームの株主であり、そしてチームのメンバーと共に居ることが好きだ。そうした関係は私にとって重要なものだ」

「満足できる場所にいて、毎日モチベーションに溢れている。契約期限はまだ数年ある。例えば、ドライバーのことや様々な議論など、自分の役割に100%集中する必要があると思っている……2020年以降、いかなる変更も検討していない」

 メルセデスは今シーズン、開幕から4戦連続でワンツーフィニッシュを飾り、6年連続のタイトル獲得に向けて絶好のスタートを切った。

 F1にパワーユニットが導入された2014年以降、メルセデスが支配的な体制を築いてきたが、2021年に迫るレギュレーション変更や、メルセデスのフォーミュラE参戦は、メルセデスがF1チームの運営に区切りをつける機会だと考えることもできる。

 ウルフがメルセデスに留まる上で、F1プログラムの存続が重要になるのかと訊くと、彼はメルセデスのF1への取り組みは2020年以降も継続される可能性が高いと、自身の考えを述べた。

 またウルフは、フォーミュラE参戦はメルセデスのF1への取り組みを補うものであり、2010年に再参戦したF1と、来シーズンから参戦するフォーミュラEの両方に参戦することでメリットがあると話した。

「率直に言って、私は自分が居るこの場所を素晴らしいところだと感じている」

「メルセデスがこの(F1)プログラムを止めるという兆候は何もない。それどころか、何が利益になるのかについて、柔軟に議論しているんだ」

「10年後、自動車産業全体は完全電動化などで大きく変わっていくだろう。その時どこに我々がいるか宣言するつもりはない。だが私に言えるのは、メルセデスにとってF1は短中期的には重要な意味があるものだ、ということだ」

次の記事
ベッテル&フェラーリ、浮上のきっかけを模索中。大胆なセットアップ変更が功を奏す?

前の記事

ベッテル&フェラーリ、浮上のきっかけを模索中。大胆なセットアップ変更が功を奏す?

次の記事

ミハエル・シューマッハーのドキュメンタリー映画が年内に公開へ。家族も全面支援

ミハエル・シューマッハーのドキュメンタリー映画が年内に公開へ。家族も全面支援
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Scott Mitchell