F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
51 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
58 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
72 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
86 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
100 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
107 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
121 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
135 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
142 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
156 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
163 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
177 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
191 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
219 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
226 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
240 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
247 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
261 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
275 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
282 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
296 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
310 days

”退屈”とF1を批判する人は、素晴らしいオーストリアGPを覚えておくべき?

シェア
コメント
”退屈”とF1を批判する人は、素晴らしいオーストリアGPを覚えておくべき?
執筆:
2019/07/07 6:05

メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、”退屈だ”と多くの批判が集中したフランスGPの次のレース、オーストリアGPが非常にエキサイティングになったことで、現在のF1を批判する人たちは黙るべきだと語る。

 今季のF1フランスGPは、メルセデスが圧倒的な強さを発揮。その結果、今のF1は面白くないとの批判が各方面から上がることとなった。しかしその次戦となるオーストリアGPでは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがスタート失敗から驚異の追い上げを見せ、メルセデスやフェラーリをコース上で下して優勝を果たした。また他のポジションでもバトルが多く起き、非常にエキサイティングなレースだったと言われている。

Read Also:

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフ曰く、オーストリアGPは自らのチームにとっては良いレースにはならなかったものの、素晴らしいレースだったと指摘。今のF1は退屈だと批判する人たちは黙るべきだと語った。

Read Also:

 ウルフは、スピーチをした際の失言によって自身の会社に大損害を与えたイギリスのビジネスマン、ゲラルド・ラトナーの例を挙げ、次のように語った。ラトナーは宝石の格安販売で成功を収めたが、その安い商品をけなす発言をしたことにより大いに批判を浴び、会社の業績が急速に悪化。自身も会社を追われることになった。

「論争的で厳しい言葉を使った全ての人たちは、次の文句を言い始める前に、このレースを思い出すべきだと思う」

 ウルフはmotorsport.comに対してそう語った。

「次のレースがある時、そしてこのスポーツ(F1)が続いているのならば、ラトナーのようなことを話すべきではない」

 前述の通り、メルセデスとしてはオーストリアGPは苦戦したレースだった。しかしウルフ曰く、F1にとっては非常にポジティブな週末であり、フェラーリやレッドブルなどからの2018年タイヤに戻すべきだというプレッシャーに耐え続けたピレリについても賞賛した。

「F1にとってはとても良い日だと思う。素晴らしいレースだった。そしてピレリを賞賛したいと思う」

「彼らは最後までプッシュすることができるタイヤを我々に届けてくれたのだ」

「昨年の我々は、ブリスターの問題を抱えていた。しかし今年のタイヤは素晴らしかった。今年のタイヤについて最も不満を訴えていたのは、タイヤを最後までプッシュできたチームだったんだ……それは少しばかり滑稽なことだね」

 ウルフ代表は、次戦イギリスGPではメルセデスが復活できると確信している。しかしそれでも、フランスGPで見せたようなパフォーマンスまでは期待していないようだ。

「私は厳しいレースをとても楽しんでいる。人々は、十分に激しいレースがないこと、そしてメルセデスが速すぎたことについて批判をしたのだと思う」

「(オーストリアでは)異なるシナリオを見たと思う。彼らが差を縮めたのかどうか、まったく異なるサーキットレイアウト、まったく異なる天候の今後3レースで見てみることにしよう。そして我々としては、我々本来の強さに戻れることを望んでいる」

「パワーのデプロイメント(出力配分)は、高速コーナーにおけるパフォーマンス差の要因にはならないと思う。だからシルバーストンは、我々のマシンに最も合うコースだと思う。ポール・リカールほどではないかもしれないが、オーストリアよりははるかに良いはずだ」

Read Also:

次の記事
現役最古参ライコネン語る「今のF1が楽になった……それを語るのは不可能」

前の記事

現役最古参ライコネン語る「今のF1が楽になった……それを語るのは不可能」

次の記事

2020年のF1、開幕戦は例年通りオーストラリア。3月15日に決勝開催

2020年のF1、開幕戦は例年通りオーストラリア。3月15日に決勝開催
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第9戦オーストリアGP
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Adam Cooper