F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
3 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
17 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
24 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
31 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
45 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
52 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
73 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
101 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
108 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
122 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
136 days

メルセデス代表、ハミルトンの”人種差別反対”を全面的に支持

シェア
コメント
メルセデス代表、ハミルトンの”人種差別反対”を全面的に支持
執筆:
2020/06/08 2:59

メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、ルイス・ハミルトンが人種差別に反対していることについて、メルセデスF1チームとF1全体にとって良いことだと考えている。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは最近、ソーシャルメディアで強力なメッセージを発信している。アメリカでジョージ・フロイドさんが警官の暴行により死亡した事件について激しい怒りの念を抱いているとしつつも、その後起きた暴動などの出来事については、悲しんでいると訴えてきたのだ。

Read Also:

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、差別を直接目にして育ってきたと語るが、ハミルトンがそれ以上の経験をしてきたはずだと考えている。

「私は幸運にも、異なる国籍が混じり合う家庭の中で育った。私の家族が厳しい時期に直面した時には、ユダヤ人の家族と長い時間過ごした。私は、幼少期から差別がどのようなモノであるのかを見てきたんだ」

 そうウルフ代表は語った。

「我々全員が、変化を起こす力を持っていると思う。そして時には、マイノリティを支えるための大きな波を起こすべく、数日前にアメリカで起きたようなイベントが必要かもしれない」

「ルイスは、このスポーツのスーパースターだ。そして、白人に支配されているスポーツにおいて彼が目立つのは、良いことだと思う」

「我々はチームとして、多様性を奨励している。我々は純粋に、パフォーマンスに基づいて人選をしている。文化や宗教、肌の色などは一切関係ない」

「我々は皆、違いを生み出すことができると思う。そして我々ひとりひとりが、今回のようなことが起きるのを止めるための運動の一部であるべきだ」

 ウルフ代表曰く、ハミルトンから差別について多くのことを学んだという。

「彼は一度尋ねてきたんだ。『今まで、自分が白人であると、積極的に考えたことはあるかい?』とね。それについて私はこう答えた。『いや、実際にそれについて考えたことはない』と」

「そうすると、彼はこう語った。『僕は毎日、それ(黒人であること)について考える必要があるんだ。なぜなら、それが僕だってことに気付かされているからだ』」

「したがって私は、それがどれほど難しいことであるのか、我々が理解するのは非常に難しいのだと思う。だから彼が声を上げてくれたことを嬉しく思う。彼はこのスポーツの象徴のひとりだから……それは良いことだと思う」

Read Also:

次の記事
チームとチームが手を取り合う……コロナ危機がF1を新しい姿に?

前の記事

チームとチームが手を取り合う……コロナ危機がF1を新しい姿に?

次の記事

メルセデスF1代表、”空力開発ハンデ”受け入れの経緯を語る

メルセデスF1代表、”空力開発ハンデ”受け入れの経緯を語る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Jonathan Noble