F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

メルセデスのウルフ代表、ブラジルGPを“欠席”へ。2013年の就任以来初

シェア
コメント
メルセデスのウルフ代表、ブラジルGPを“欠席”へ。2013年の就任以来初
執筆:
2019/11/12 3:14

メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、F1ブラジルGPで2013年以来初めてレースを欠席することになる。

 メルセデスはF1の2019年シーズンを2戦残した段階で、6年連続のダブルタイトルを確定させた。2013年にチーム代表に就任したトト・ウルフは欠かさずレースウィークエンドに姿を現していたが、第20戦ブラジルGPに帯同しないことを決断した。

 今回のブラジルGP欠席は、大幅な規則変更が行われる2021年シーズンに向けての取り組みを優先するためのようだ。ウルフは次のようにコメントした。

「ブラジルGPは、2013年以来初めて私が参加しないレースになるだろう」

「(ドライバーズ、コンストラクターズ)両選手権でのチャンピオンが確定したことにより、ヨーロッパで他のことに集中する時間ができた。メルセデスを代表してコース内外で活動できることは素晴らしいことだ」

 ハミルトンが10勝、ボッタスが4勝を挙げるなど、今季もF1世界選手権をリードする活躍を見せたメルセデス。ダブルタイトルが確定した状態で迎える残りの2レースはノープレッシャーで臨めるようにも思えるが、後半戦で勢いをつけているフェラーリを打ち負かすため、未だハングリー精神を保っているとウルフは語った。

「2019年シーズンはあとふたつレースが残されているが、シーズンを最高の形で締めくくりたいと思っている」

「次のレースはブラジル・インテルラゴスだ。ここは昨年優勝しただけでなく、コンストラクターズチャンピオンを確定させた場所でもある」

「インテルラゴスは短いコースなので、僅差で難しい予選になるだろう。サマーブレイク以降、我々のマシンは予選において最速のマシンではなくなっているが、オースティンではポールを獲ることができたので、今回も引き続きフロントロウスタートを目指していく」

Read Also:

次の記事
ロマンがあったあの時代をもう一度……2021年F1マシンは画一化を食い止める?

前の記事

ロマンがあったあの時代をもう一度……2021年F1マシンは画一化を食い止める?

次の記事

ベッテル、失意のシーズン序盤に”現実逃避”?「現実を見ないようにしていた」

ベッテル、失意のシーズン序盤に”現実逃避”?「現実を見ないようにしていた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第20戦ブラジルGP
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Jonathan Noble