F1 モナコGP

好調の角田裕毅、モナコでの初ポイント獲得へ「まずは昨年と同じように予選Q3進出を目指す」

RBの角田裕毅は、F1第8戦モナコGPに向けて、良い状態で臨めるはずだと意気込みを語った。

Yuki Tsunoda, Visa Cash App RB F1 Team

 RBの角田裕毅は、F1第8戦モナコGPに向けて心配はしていないと語り、良いレースができるはずだと意気込んだ。

 今季は開幕から見事なパフォーマンスを見せている角田。7戦で5度の予選Q3進出を決めている他、4レースでポイントを獲得。いい波に乗ったまま、伝統の一戦に臨む。

 角田にとって、モナコはこれまで3度戦いまだポイント獲得ができていないレースとなっている。昨年は予選Q3進出を果たし、9番手からスタートしながらも、雨の中でブレーキトラブルに見舞われて15位でのフィニッシュと悔しいレースになった。

「ここ2戦、マイアミ・スプリントを含めれば3戦でポイントを獲得しているので、今週末についてはおおむね自信を感じています」

 そうチームのプレスリリースにコメントを寄せた角田は、昨年同様に予選Q3進出、そして決勝でのポイント獲得を目指すと語った。

「モナコはチャレンジングでとてもエキサイティングなサーキットで、予選はいつも特別なモノになります」

「実際、このコースでQ3に進出したのは昨年が初めてだったので、今週末も同じようにできればと思っています。日曜日にポイントを獲得することができれば最高です」

 角田は、チームの現状に自信を持っており、まずは予選に集中して良いレースがしたいと意気込んだ。

「チームは良い状態だと思います。マイアミ以降、パフォーマンス、一貫性、競争力が向上しているから心配はしていません」

「僕たちはマシンからよりパフォーマンスを引き出すことに焦点を当てています。グリッドポジションはレースの最初の部分で非常に重要になるので、特に土曜日の午後(予選)ですね。今週末も良いレースができると信じています」

 

前の記事 RB、上位入賞妨げる“スタート問題”解消へ。原因はタイヤとクラッチ?「安定感のあるレッドブルとは同じエンジン」と角田裕毅
次の記事 セナカラーでモナコ戦うマクラーレン、あえて”パパイヤカラー”残した理由を明かす

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本