F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
00 時間
:
41
:
10
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
7 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
22 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
28 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
35 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
49 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
56 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
77 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
105 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
112 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
126 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
140 days

F1オランダGPの復活が正式決定! 2020年にザントフールトで開催へ

シェア
コメント
F1オランダGPの復活が正式決定! 2020年にザントフールトで開催へ
執筆:
2019/05/14 10:19

かねてより噂されていたF1オランダGPの復活が、正式に決定した。2020年のカレンダーに追加され、ザントフールト・サーキットで開催される。

 かねてより噂されていたF1オランダGPの復活が正式に決定し、2020年より開催されることとなった。開催されるサーキットはザントフールト・サーキットだ。

 F1オランダGPは1952年に同サーキットで第1回が行われ、1985年までほぼ毎年開催されていたが、1986年以降は1度も開催されていなかった。

 しかし、オランダ人ドライバーであるマックス・フェルスタッペン(レッドブル)の活躍を受けて、ザントフールトの主催者はオランダGP開催に向けて交渉を開始していた。

 そして、契約は合意に達し、ザントフールトはオランダGPを2020年の5月から少なくとも3年間開催する契約を結んだようだ。

 F1のCEOであるチェイス・キャリーはオランダGP復活について次のように語った。

「F1がオランダのザントフールトで再びレースをすることを発表できて嬉しく思う」

「我々の任期の初めの方から、このスポーツのヨーロッパにおける歴史的なルーツを尊重しながら、新しい開催地を模索していた」

「来シーズンは、ベトナムの首都ハノイの市街地コースでレースが開催される予定だ。そして35年ぶりの開催されるザントフールトは、これまで世界中におけるこのスポーツの人気に貢献してきた」

「近年、オランダでF1への関心が高まっている。それは多くのレースでオレンジの“海”が見られるように、才能あふれるマックス・フェルスタッペンへの熱心な支持があることが関係している。来年のザントフールトではその色でグランドスタンドが埋め尽くされることだろう」

 21歳のフェルスタッペンは既に熱烈な支持を集めており、“もうひとつの母国レース”と本人が語るベルギーGPや、レッドブルのお膝元であるオーストリアGPでは特に大きな声援を浴びている。

 レッドブル代表のクリスチャン・ホーナーはスペインGP終了後に次のように語った。

「我々は(フェルナンド)アロンソのピーク時にスペインでそれ(多くの観衆)を見た。オランダ人ファンの数は年々成長し続けている」

「私はオランダGPがフェルスタッペンの人気によって計り知れないものになっていくと思う。それはF1にとっても良いことだ」

次の記事
オランダGP復活の影響でスペインGPは消滅へ? ドライバーから惜しむ声続々

前の記事

オランダGP復活の影響でスペインGPは消滅へ? ドライバーから惜しむ声続々

次の記事

ルノーのリカルド、入賞逃した原因はマシンの戦闘力不足ではなく作戦ミスと主張

ルノーのリカルド、入賞逃した原因はマシンの戦闘力不足ではなく作戦ミスと主張
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Scott Mitchell