【フォーミュラV8 3.5】開幕戦レース1:金丸悠、体調不良乗り越え9位

フォーミュラV8 3.5の開幕戦シルバーストン戦のレース1が行なわれ、RPモータースポーツの金丸悠は9位を獲得した。

 フォーミュラV8 3.5の開幕戦シルバーストンラウンド:レース1が行なわれ、ピエトロ・フィッティパルディが優勝を果たした。RPモータースポーツに移籍し同シリーズ2年目のシーズンを迎えている金丸悠は9位だった。

 チームを移籍し、フォーミュラV8 3.5シリーズで2年目のシーズンを迎えた金丸は、「今年は勝負の年」と意気込みシーズンインしていた。しかし、初戦を前に体調不良に見舞われてしまった。

「水曜日から悩まされている急性扁桃腺炎で熱もまだ下がらない状態でのレースだったので完走できるか不安でした」

 そう語る金丸は、10番グリッドからスタートした。

「なんとか最後まで走れました。途中オーバーテイクもできました」

 しかしレース終盤、痛恨のミスをしてしまう。

「残り3周でコースを飛び出してしまい、その際に草がラジエーターに溜まってエンジンの水温が120度まで上がってしまいました。この温度まで上がるとエンジン自体がセーフティー・モードに入ってしまうので、最終周に2台パスされてしまったのは痛いです」

 それでも、金丸は10番手でフィニッシュ。2番手でフィニッシュしていたイゴール・オルジホフ(SMP)が車両重量違反で失格となったため、9位に繰り上がった。

「なんとかポイントをもぎ取れて良かったと思います。体力的にも精神的にも、今までで一番辛いレースでしたが、明日のレースは体力的にも少しは今日より回復していると思うので、より良い位置でフィニッシュ出来るよう全力を尽くします」

 日曜日にはレース2が行なわれることになっているが、金丸はそこでの巻き返しを誓った。

【関連ニュース】

金丸悠「シューマッハーから勝利の”貪欲さ”を学んだ」

【フォーミュラV8 3.5】金丸悠チーム移籍し参戦継続「今年は勝負の年」

【フォーミュラV8 3.5】合同テスト:金丸悠、首位から0.1秒差の2番手

【FIA-F4】岡山第1戦:”逆輸入”新人、笹原右京優勝「楽しんで戦えた」

【F3ヨーロッパ】開幕戦レース2:佐藤12位、牧野19位と苦しむ

Race 1 Results:

Pos

Driver

Team

Gap

1

 Pietro Fittipaldi

Lotus

-

2

 Egor Orudzhev

SMP Racing by AVF

0.749

3

 Alfonso Celis

Fortec Motorsports

1.584

4

 Matevos Isaakyan

SMP Racing by AVF

6.295

5

 Rene Binder

Lotus

13.977

6

 Damiano Fioravanti

Il Barone Rampante

16.208

7

 Nelson Mason

Teo Martin Motorsport

16.506

8

 Konstantin Tereschenko

Teo Martin Motorsport

42.969

9

 Diego Menchaca

Fortec Motorsports

44.276

10

 Yu Kanamaru

RP Motorsport

59.534

11

 Giuseppe Cipriani

Il Barone Rampante

1:17.850

DNF

 Roy Nissany

RP Motorsport

-

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラ・ルノー V8 3.5
イベント名 Silverstone
サブイベント Saturday race
サーキット シルバーストン
ドライバー Yu Kanamaru
チーム RP Motorsport
記事タイプ 速報ニュース