F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
MotoGP
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
2 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
10 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
3 days

アンディ・チャン、笹原右京のチームメイトとしてヨーロッパF3復帰

シェア
コメント
アンディ・チャン、笹原右京のチームメイトとしてヨーロッパF3復帰
執筆:
2016/09/21 8:09

アンディ・チャンはT-SportからヨーロッパF3に復帰し、今シーズンの残りの2レースに参戦する。

Andy Chang

 19歳のアンディ・チャンは、2014年のマカオGPにWest-Tecから参戦して19位でフィニッシュ、2015年はFortecから参戦し14位だった。彼はここ2年、スポット参戦でヨーロッパF3に参戦していたが、ポイント獲得には至っていない。

「我々はアンディと何年にもわたって話をしてきた。今回彼と一緒にプログラムをできることになって嬉しい」とT-Sport'sのルッセル・イーコットは話した。

「アンディはこの2年間、マカオGPでレースをしてきた。今年のレースに向けて、この経験は良い土台となって彼に活きてくるだろう」

 ヨーロッパF3の次のレースはイモラで行われるが、このイモラでは、笹原右京がチームメイトとなる。T-Sportというチームは、今年になって初めて2台のマシンを走らせることになる。

 今季のT-Sportはインド人ドライバーのアージュン・マイニを擁してチームを始動した。しかしマイニはGP3に参戦するためにすぐにチームを離れてしまい、ヨーロッパF3へは一時的な参戦となっていた。

 チャンは、ネイル・ブラウン・エンジニアリング(NBE)のエンジンを搭載する15号車をドライブすることになっており、チームメイトの笹原は東名エンジニアリング製のスリーボンドエンジンを引き続き搭載する。 

関連ニュース

「どんな手を使っても、F1にたどり着く」:笹原右京インタビュー①

スタート前でも「緊張しない」右京の強み:笹原右京インタビュー②

次の記事
学生フォーミュラ:第14回全日本学生フォーミュラ大会で京都工芸繊維大学が優勝

前の記事

学生フォーミュラ:第14回全日本学生フォーミュラ大会で京都工芸繊維大学が優勝

次の記事

ホンダ、S660ベースのエンジンを搭載したマシンで、ボンネビルのクラス最高速記録を樹立

ホンダ、S660ベースのエンジンを搭載したマシンで、ボンネビルのクラス最高速記録を樹立
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ その他
ドライバー Andy Chang
チーム T-Sport
執筆者 Valentin Khorounzhiy