マカオF3エントリーリスト発表。全22台参戦。日本勢は7人出走

F3マカオGPのエントリーリストが発表され、全22台が出走することが分かった。日本人は7人がエントリーしている。

 11月16〜19日にかけて開催される今年のF3のマカオGP。全22台がエントリーし、うち7人を日本人ドライバーが占めることになった。

 今季の全日本F3でトムスのマシンを走られた坪井翔と宮田莉朋は、同じくトムスからエントリー。F3ヨーロッパ選手権を戦った牧野任佑と佐藤万璃音は、フォルクスワーゲンエンジンを使うモトパークからのエントリーとなる。

 また、B-Max Racingも3台がエントリー。全日本F3同様フォルクスワーゲンエンジンを使用する。特筆すべきはそのドライバーで、スーパーフォーミュラ参戦中の山下健太と関口雄飛を起用し、DRAGONと共に優勝を目指すことになる。

 マクラーレンの育成ドライバーであり、今年のF3ヨーロッパ選手権王者であるランド・ノリスは、カーリンでの参戦。カーリンは全5台のエントリーである。

 プレマは4台のエントリーで、カラム・イロットやミック・シューマッハーをラインアップに揃えている。

 牧野と佐藤が乗るモトパークは全5台。FIA F2に参戦中のセルジオ・セッテ・カマラも、このモトパークから参戦することになる。

 スリーボンドエンジンを使うドラゴ・コルセは、今季全日本F3で勝利を収め、FIA F2のへレス戦にも出走したアレックス・パロウ1台のみのエントリーである。

 ヴァン・アーマーズフールトは、F1王者ネルソン・ピケの息子ペドロ・ピケ含む2台のエントリーとなっている。

【関連ニュース】

F3マカオGPエントリーリスト:

チーム (エンジン)ドライバー
カーリン (フォルクスワーゲン)

 ランド・ノリス

 ジェハン・ダルヴァラ

 フェルディナンド・ハブスブルグ

 サチャ・フェネストラズ

 デブリン・デ・フランチェスコ

プレマ (メルセデス)

 カラム・イロット

 ギュアン・ユー・ゾウ

 マキシミリアン・ギュンター

 ミック・シューマッハー

トムス (トヨタ)

 坪井翔

 宮田莉朋

モトパーク (フォルクスワーゲン)

 ジョエル・エリクソン

 牧野任祐

 佐藤万璃音

 ダン・ティクタム

 セルジオ・セッテ・カマラ

DRAGO CORSE (スリーボンド)  アレックス・パロウ
B-Max (フォルクスワーゲン)

 山下健太

 関口雄飛

 DRAGON

ヴァン・アマーズフールト (メルセデス)

 ラルフ・アロン

 ペドロ・ピケ

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ その他
ドライバー Lando Norris
記事タイプ 速報ニュース