F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
15 時間
:
09
:
57
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

【マカオF3】ダ・コスタが優勝し、マカオ2勝目を達成。山下は4位フィニッシュ

シェア
コメント
【マカオF3】ダ・コスタが優勝し、マカオ2勝目を達成。山下は4位フィニッシュ
2016/11/20 8:45

F3マカオGPの決勝レースが行われ、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタが優勝を果たした。

 F3マカオGPの決勝レースが行われ、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタが優勝を果たした。

 ポールポジションスタートのカラム・アイロット(Van Amersfoort Racing)が絶好のスタートを決め、ダ・コスタ(Carlin)は2番手をキープしていくかに見えた。しかし、3番手スタートのセルジオ・セッテ・カマラがものすごい加速を見せ、一気にアイロットとダ・コスタをオーバーテイクして先頭に立った。

 アイロットはさらにポジションを落とし、5番手まで後退する。このアイロットを交わして3番手に上がったのが、山下健太(ThreeBond with T-Sport)だ。ただ、3番手に上がった山下のペースは上がらず、上位2台についていくことができず、逆に同じくアイロットを交わしたフェリックス・ローゼンクビスト(SJM Theodore Racing by Prema)に攻め立てられてしまうことになる。

 4周目、山下は耐え切れず、ローゼンクビストとアイロットのオーバーテイクを許してしまい、5番手に落ちてしまった。

 先頭に立ったセッテ・カマラ(Carlin)は好ペースで逃げていくかに見えたが、徐々にダ・コスタが接近。5周目にはテール・トゥ・ノーズの状態になる。しかし、ここでニキータ・マツェピン(Hitech GP)がクラッシュし、セーフティカーが出動。隊列が縮まる。このタイミングで、マキシミリアン・ギュンター(SJM Theodore Racing by Prema)も右リヤタイヤをバーストさせ、ピットインした。

 レース再開は7周目から。ここでダ・コスタが鋭い加速を見せ、一気にセッテ・カマラを抜いて首位に浮上した。ここからダ・コスタが、後続に対してリードを築いていく。

 10周目、スーパーGTでもお馴染みのニック・キャシディ(SJM Theodore Racing by Prema)がクラッシュ。これで、このレース2回目のセーフティカーが出動。再び隊列が詰まった。

 レース再開は13周目から。残り3周の超スプリントバトルだ。

 ここで魅せたのが山下。山下はリスタート時にアイロットを交わして4番手を奪い返した。

 その翌周、2番手も入れ替わった。昨年までマカオGPを2連覇しているローゼンクビストが、セッテ・カマラを攻め、そしてオーバーテイクを完了。残り2周に3連覇をかけ、首位を行くダ・コスタを追いかけていく。

 しかし、ダ・コスタは危なげない走りで15周目も逃げ切り、トップでフィニッシュ。2012年以来のマカオGP2勝目を飾った。

 ローゼンクビストが2位でフィニッシュ。3連覇はならなかったものの、ダ・コスタとともに、フォーミュラEのレギュラードライバーを務めるその能力を、いかんなく発揮してみせた。

 山下は最後、セッテ・カマラを攻めて表彰台を狙ったが及ばず。セッテ・カマラが3位。山下は僅差での4位となった。

 このほか日本勢は、牧野任祐(TODA Racing)が14位、坪井翔(TOM'S)が16位、ヤン・マーデンボロー(B-Max Racing)が20位、佐々木大樹(B-Max Racing)が22位となった。

 表彰台の中央に登ったダ・コスタは、表彰台下に集まったチーム関係者、ファンによるポルトガル国歌の大合唱に、感極まって涙した。

【F3マカオGP決勝レース結果】

1. アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(Carlin)
2. フェリックス・ローゼンクビスト(SJM Theodore Racing by Prema)
3. セルジオ・セッテ・カマラ(Carlin)
4. 山下健太(ThreeBond with T-Sport)
5. カラム・アイロット(Van Amersfoort Racing)
6. Jake HUGHES(Carlin)
7. George RUSSELL(Hitech GP)
8. Daniel JUNCADELLA(Hitech GP)
9. Pedro PIQUET(Van Amersfoort Racing)
10. Alexander SIMS(Double R Racing)
11. Lando NORRIS(Carlin)
12. CHANG Wing Chung(ThreeBond with T-Sport)
13. Anthoine HUBERT(Van Amersfoort Racing)
14. 牧野任裕(Toda Racing)
15. ZHOU Guan Yu(Motopark)
16. 坪井翔(TOM'S)
17. Sam MACLEOD(Fortec Motorsport)
18. Keyvan Soori(Mucke Motorsport)
19. David BECKMANN(kfzteile24 Mücke Motorsport)
20. ヤン・マーデンボロー(B-Max Racing Team)
21. Arjun MAINI(Motopark)
22. 佐々木大樹(B-Max Racing Team)
23. Joel ERIKSSON(Motopark)
24. ニック・キャシディ(SJM Theodore Racing by Prema)
25. Daniel TICKTUM(Double R Racing)
26. Ferdinand HABSBURG(Fortec Motorsport)
27. Maximilian GÜNTHER(SJM Theodore Racing by Prema)
28. Nikita MAZEPIN(Hitech GP)

 

次の記事
【マカオF3/GTワールドカップ】予選レース:ダ・コスタが勝利、山下健太が4位

前の記事

【マカオF3/GTワールドカップ】予選レース:ダ・コスタが勝利、山下健太が4位

次の記事

【マカオF3】直前参戦決定のダ・コスタ「モンテイロのせいでプレッシャーだった!」

【マカオF3】直前参戦決定のダ・コスタ「モンテイロのせいでプレッシャーだった!」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ その他
イベント Macau GP
ロケーション Circuito da Guia
ドライバー アントニオ フェリックス・ダ・コスタ