F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
51 days
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
67 days
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
81 days

【マカオF3】今年のF2で圧倒的強さ。ルクレールがマカオF3に挑戦!?

シェア
コメント
【マカオF3】今年のF2で圧倒的強さ。ルクレールがマカオF3に挑戦!?
執筆:
協力: Alex Kalinauckas
2017/08/08 11:12

今年のF2をリードするシャルル・ルクレールは、11月のマカオF3に出場する意向を持っているようだ。

Charles Leclerc, Ferrari SF70H
Charles Leclerc, Ferrari
Charles Leclerc, Ferrari
Charles Leclerc, Van Amersfoort Racing Dallara Volkswagen
Charles Leclerc, Van Amersfoort Racing Dallara Volkswagen
Charles Leclerc, Van Amersfoort Racing
Podium: second place Charles Leclerc, Van Amersfoort Racing
Podium: second place Charles Leclerc, Van Amersfoort Racing celebrates with champagne

 プレマ・レーシングのシャルル・ルクレールは、F2挑戦初年度にもかかわらず圧倒的な強さを見せ、ランキング首位をひた走っている。そのルクレールは、2015年にプレマ・パワーチームでマカオF3に挑戦。その時は2位に入っている。

 来年のF1昇格が確実視されるルクレールだが、今年のマカオF3に挑戦する可能性があるという。これは、プレマをサポートするセオドア・レーシングの意向にも沿うところである。

 マカオは、セオドア・レーシングの代表であるテディ・イップJr.のプログラムの中心であり、しかも当レースの創始者はイップJr.の父親でもあるのだ。

 マカオに出走できるかどうかは、ルクレールがF2最終戦のアブダビを前に、タイトルを決めているかどうかに依存することとなるだろう。マカオF3は、アブダビ戦の1週間前に行われることになっているからだ。

 2016年には、アントニオ・ジョビナッツィが、今年のルクレールと同じような状況に置かれていた。しかし彼は、GP2のタイトル争いに懸けなければならなかったため、その時の計画を中止せざるを得なかった。

 また、プレマにはF3ヨーロッパ選手権を戦っているドライバーも多くおり、彼らの動向によるシートの空き具合にも、ルクレールは左右されることになるだろう。

「現時点では、マカオはまだ目標には達していない」

 プレマのチーム代表であるレネ・ロジンはそう語った。

「FIAから最初のインフォメーションを受け取る必要がある、それを受け取ったら、何台のクルマを持ってくるのかを決めるんだ」

「4台のマシンを持ってくることができるだろうし、レギュラードライバーたちを連れてくるのが理に適っているだろう。ドライバーの決定については、まだ何も行われていないがね」

「どのチームだって、シャルルをラインアップに加えたいと思うだろう。しかしもちろん、彼の主な目標は、F2のチャンピオンに輝き、彼がすべきことをするということだ」

 当のルクレールは、次のように語った。

「僕はマカオでレースするのが大好きだ。でも、僕の計画をちょっと確認してみる必要があるだろうね」

【関連ニュース】

ハンガリーF1テスト初日総合:跳ね馬期待のルクレールが首位

マクラーレン育成のノリス、来年はF2かスーパーフォーミュラへ?

F2ハンガロリンク・レース2:松下信治、好スタートを決め今季2勝目!

F2ハンガロリンクで完勝の松下「ちゃんと仕事すればF1に乗れると信じている」

2016年マカオF3:ダ・コスタ優勝、2位ローゼンクビスト……山下健太4位フィニッシュ

次の記事
【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン】今年もリシャール・ミルが冠スポンサーに

前の記事

【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン】今年もリシャール・ミルが冠スポンサーに

次の記事

【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン】歴史的なF1マシン13台が鈴鹿に集結!

【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン】歴史的なF1マシン13台が鈴鹿に集結!
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ その他
イベント Macau GP
ロケーション Circuito da Guia
ドライバー シャルル ルクレール
チーム プレマ・レーシング
執筆者 Marcus Simmons