世界で5台。マクラーレンP1 LM、鈴鹿サウンド・オブ・エンジンに登場

11月18〜19日に鈴鹿サーキットで開催される鈴鹿サウンド・オブ・エンジンに、世界で限定販売5台のマクラーレ P1 LMが登場する。

 鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で20171118日(土)・19日(日)に開催される「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2017」に、パガーニゾンダ・レボリューション、マクラーレンP1 LMが登場する。

 「パガーニゾンダ・レボリューション」はイタリアのスーパーカーメーカー、パガーニが誇る世界限定5台のサーキット専用モデルで、昨年の「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2016」に続いての登場となる。

 また、「マクラーレン P1 LM」は、「マクラーレン P1」をベースに作られたレース専用モデル「マクラーレン P1 GTR」をさらにモデファイし、公道走行を可能にした世界限定6台(販売は5台)のモデルで、今回のイベントが鈴鹿サーキット初走行となる。

 走行は11月19日の9時50分からで、鈴鹿の国際レーシングコースの東コースをこの2台の希少なマシンが走行することになる。

 今年の「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2017」には、この2台の他にもF1マシン21台、Group Cカー13台、WGP4台、その他レジェンドマシン・展示車両など総勢300台を超える車両が集結。FIA MASTERS HISTORIC FORMULA ONE CHAMPIONSHIPのデモレースなども行われる。レースとはまた違う、豪華な2日間となることは間違いない。

→RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2017公式ホームページ

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ その他
イベント名 RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE
サーキット 鈴鹿サーキット
記事タイプ 速報ニュース