SUZUKA Sound of ENGINEに伝説の国産F1コジマKE007が登場決定

RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2017に1976年のF1世界選手権in Japanに出走したコジマKE007が登場することが決まった。

 11月18日(土)と19日(日)に鈴鹿サーキットで開催される「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2017」に、Kojima KE007が登場することが決まった。

 Kojima KE007は、F1日本初開催となった1976年の「F1世界選手権イン・ジャパン」に出走するために作られた国産F1マシン。長谷見昌弘のドライブで、世界をアッと言わせた。予選でクラッシュしてマシンに大ダメージが及んだが、関係者が集まり徹夜で修復した逸話は、今でも語り継がれている。

 このKE007は、「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2017」内のイベント「LEGEND of Formula1」に登場。練習走行とデモンストレーションレースに参加し、その走りを披露する。

 KE007の登場イベント詳細は、以下の通りだ。

■11月18日(土)
11:05:練習走行
15:40:デモンストレーションレース(10周or最大20分)
■11月19日(日)
8:40:練習走行
15:05:デモンストレーションレース(10周or最大20分)

「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2017」公式ページ
http://www.suzukacircuit.jp/soundofengine/

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ その他
イベント名 RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE
サーキット 鈴鹿サーキット
記事タイプ 速報ニュース