F3マカオ予選:ティクトゥムがPP獲得。日本勢は佐藤万璃音の7位が最高

シェア
コメント
F3マカオ予選:ティクトゥムがPP獲得。日本勢は佐藤万璃音の7位が最高
執筆: Marcus Simmons
2018/11/16 10:07

F3マカオGPの予選が行われ、レッドブル育成のダニエル・ティクトゥムがポールポジションを獲得。カラム・アイロットが2番手となった。日本勢は佐藤万璃音の7位が最高位。

 F3マカオGPの予選2回目が行われ、モトパーク・アカデミーのダニエル・ティクトゥムが予選レースのポールポジションを獲得した。

 ティクトゥムは、セッション終盤まで10番手以下に沈んでいた。しかしながらセッション終盤に2分9秒910を記録し、見事首位でセッションを終えた。

 ティクトゥムの最大のライバルとなったのは、カーリンのカラム・アイロットだった。アイロットは最初のアタックを成功させたかに見えたが、Rベンドで発生したクラッシュによりフルコース・イエロー(FCY)が掲出され、遅れることになってしまう。このアイロットのタイムをティクトゥムが上回ったのち、再びアイロットがアタックするが、すでにスイートスポットが終わったタイヤであったためタイムを伸ばせず、0.443秒遅れることとなった。

 なおセッション中には、佐藤万璃音(モトパーク・アカデミー)がクラッシュするシーンがあった。このすぐ後ろには、アイロットが走っていたが、奇跡的に回避することができた。

 一方、ほぼ同時のタイミングで、笹原右京(スリーボンド・レーシング)もRベンドでクラッシュ。ジョエル・エリクソン(モトパーク・アカデミー)はこれを避けられず、クラッシュしてしまうことになった。

 この事故により赤旗が掲出され、セッションは早々に終了することとなった。

「僕は全てをまとめるチャンスを得ることができただけだ。去年は、それができなかったんだ」

 ティクトゥムはそう語った。

「去年と同じような状況になっていた。しかし僕は、FCYの後にアタックをしようとしたんだ」

「最初のラップでもほとんど完璧だった。でも次の周では、いくつかのミスを無くすことができた。今年のコースはかなり良いようで、タイヤをそれほど酷使せずに済む。だから、以前よりも2周ほど多く走れるんだ。つまり3回か4回、アタックラップをすることができた」

 ルノーのジュニアドライバーであるサッシャ・フェネスタラズは3番手に入り、カーリンはトップ3のうちふたつを占めることに成功。笹原との不運なクラッシュがあったエリクソンは4番手だった。

 日本人最上位は、クラッシュもあった佐藤万璃音で7番手。フリー走行で好調さをアピールしていたミック・シューマッハー(SJMセオドール・レーシングbyプレマ)は、予選では振るわずに9番手となった。

 他の日本勢では、B-Maxから参戦の関口雄飛が15番手、宮田莉朋(トムス)が19番手、阪口晴南(TODA Racing)が21番手、セッション終盤にクラッシュがあった坪井翔(トムス)は22番手、笹原は23番手、大湯都史樹(TODA Racing)が26番手、片山義章(カーリン)が27番手、Dragon(B-Max)が28番手となった。

F3マカオGP予選結果:

Cla

Driver

Car / Engine

Time

Gap

1

Dan Ticktum

Dallara/Volkswagen

2'09.910

 

2

Callum Ilott

Dallara/Volkswagen

2'10.353

0.443

3

Sacha Fenestraz

Dallara/Volkswagen

2'10.580

0.670

4

Joel Eriksson

Dallara/Volkswagen

2'10.991

1.081

5

Guan Yu Zhou

Dallara/Mercedes

2'11.130

1.220

6

Jake Hughes

Dallara/Mercedes

2'11.155

1.245

7

Marino Sato

Dallara/Volkswagen

2'11.262

1.352

8

Marcus Armstrong

Dallara/Mercedes

2'11.329

1.419

9

Mick Schumacher

Dallara/Mercedes

2'11.382

1.472

10

Ralf Aron

Dallara/Mercedes

2'11.446

1.536

11

R.Shwartzman

Dallara/Mercedes

2'11.746

1.836

12

Jüri Vips

Dallara/Volkswagen

2'11.855

1.945

13

F.Habsburg

Dallara/Volkswagen

2'12.027

2.117

14

Frederik Vesti

Dallara/Mercedes

2'12.104

2.194

15

Yuhi Sekiguchi

Dallara/Volkswagen

2'12.180

2.270

16

Jehan Daruvala

Dallara/Volkswagen

2'12.189

2.279

17

Alex Palou

Dallara/Volkswagen

2'12.498

2.588

18

Enaam Ahmed

Dallara/Mercedes

2'12.661

2.751

19

Ritomo Miyata

Dallara/Toyota

2'12.680

2.770

20

Charles Leong

Dallara/Mercedes

2'12.943

3.033

21

Sena Sakaguchi

Dallara/Toda

2'13.041

3.131

22

Sho Tsuboi

Dallara/Toyota

2'13.137

3.227

23

Ukyo Sasahara

Dallara/Tomei

2'13.514

3.604

24

Sophia Flörsch

Dallara/Mercedes

2'13.641

3.731

25

Keyvan Andres

Dallara/Mercedes

2'14.659

4.749

26

Toshiki Oyu

Dallara/Toda

2'15.026

5.116

27

Y.Katayama

Dallara/Volkswagen

2'15.681

5.771

28

Dragon

Dallara/Volkswagen

2'21.771

11.861

 

 

次の記事
小林可夢偉がインタープロトに参戦「楽しむことができた」

前の記事

小林可夢偉がインタープロトに参戦「楽しむことができた」

次の記事

F3マカオ予選レース:ティクトゥム独走! 日本人最上位は佐藤万璃音の11位

F3マカオ予選レース:ティクトゥム独走! 日本人最上位は佐藤万璃音の11位
Load comments

この記事について

シリーズ その他
イベント マカオ GP
ドライバー Dan Ticktum
執筆者 Marcus Simmons