お台場で開催予定のモータースポーツジャパン、荒天予報で2日目は中止

今週末、お台場で開催される「モータースポーツジャパン2018 フェスティバル イン お台場」は天候等の理由で、2日目のイベントが中止されることになった。

お台場で開催予定のモータースポーツジャパン、荒天予報で2日目は中止

 今年も東京・お台場で開催される「モータースポーツジャパン2018 フェスティバル イン お台場」は、荒天の予報が出ているため15日(日)のイベントを中止することが主催者から発表された。

 モータースポーツの魅力を気軽に感じられるイベントとして2006年から開催されているモータースポーツジャパン。今年も4月14日・15日にお台場の特設会場を舞台にして開催される予定だったが、今週末は強風と降雨の予報が出ており、安全に開催されるかどうかが懸念されていた。

 そんな中、モータースポーツジャパン運営事務局は13日(金)に、公式サイトでスケジュールの変更を発表。来場者の安全を最優先に検討した結果、特に天候が悪くなる15日のイベント全てを中止することを明らかにした。

 また14日(土)についても閉会時間を早め、当初の17時00分から15時30分ごろに変更されている。

 運営事務局は公式サイトで「1日だけとなりますが、スタッフ一同多くの皆様のご来場をお待ちしております」とコメントしている。

【モータースポーツジャパン2018変更後スケジュール】

4月14日土曜日:9時00分~15時30分頃まで

4月15日日曜日:開催中止

→F1中国GPも全セッション生配信! スポーツチャンネル『DAZN』

シェア
コメント
フォルクスワーゲン、2018年限りでF3エンジン供給に幕。別事業に注力

前の記事

フォルクスワーゲン、2018年限りでF3エンジン供給に幕。別事業に注力

次の記事

ホンダコレクションホール20周年記念:ファンの要望に応えJTCC展開催

ホンダコレクションホール20周年記念:ファンの要望に応えJTCC展開催
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ その他
執筆者 Tomohiro Yoshita