今季の全日本F3に参戦していたアレックス・パロウ、F2デビュー決定

全日本F3選手権とフォーミュラ・ルノーV8 3.5で優勝を経験したアレックス・パロウは、今季のFIA F2選手権残り2ラウンドにカンポスから出場する。

 今年、ThreeBond Racing with DRAGO CORSEから全日本F3選手権に参戦し、3勝を挙げランキング3位でシーズンを終えたアレックス・パロウは、今週末にへレスで開催されるFIA F2選手権にカンポスから参戦することになった。

 また彼は、11月25~26日にアブダビで開催されるF2の最終ラウンドにも参戦するようだ。彼は以前もカンポスでレースを戦っていたことがある。2014年にユーロフォーミュラ・オープンに参戦、3勝をマークしランキング3位となった。この時のチームがカンポスだったのである。2015~16年には同チームからGP3を戦い、2015年アブダビのレース2で1勝を記録している。

 パロウの前にカンポスのF2シートに座っていたロバート・ビショイユは、”個人的な理由”から最後の2ラウンドを欠場するという。

 ビショイユは、今季の第3ラウンドであるモナコからチームに合流した。それまでは、インディカー参戦やF1若手テスト、スーパーフォーミュラのテストにも参加した経験があるステファノ・コレッティが開幕ラウンドのバーレーンを、元F1ドライバーのロベルト・メリが第2ラウンドのバルセロナを担当していた。なお、メリはのちにラパックスのシートを獲得し、参戦を継続している。

 第8ラウンド、スパ・フランコルシャンのレース1でシャルル・ルクレール(プレマ・レーシング)とオリバー・ローランド(ダムス)が車両規定違反で失格に終わったことによる繰り上がりで、ビショイユは10位となり1ポイントを獲得した。結果的にこれがシーズン唯一のポイント獲得となり、ポイントランキングは22位となっている。

 パロウのチームメイトになるのはラルフ・ボシュングで、今季は11ポイント獲得で現在ランキング19位だ。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ FIA F2
ドライバー Alex Palou
チーム カンポス・レーシング
記事タイプ 速報ニュース