F2初参戦のノリス「マクラーレンからのプレッシャーはない」と語る

ランド・ノリスは、マクラーレンは自分に対してタイトル獲得よりも経験を積むことを望んでおり、プレッシャーはないと話した。

 マクラーレンの育成ドライバーであり、2018シーズンはカーリンからFIA F2選手権に参戦することが決まっているランド・ノリスは、マクラーレンが自分自身に対してF2のタイトルを獲得することよりも、経験を積むことを望んでいると語った。

 2017年はカーリンからヨーロッパF3選手権に出場し、タイトルを獲得したノリス。今年はステップアップを果たし同チームからF2に参戦することが決まっている。

 現在18歳のノリスは、昨年F2デビューイヤーにしてタイトルを獲得したフェラーリの育成ドライバーであるシャルル・ルクレールと同じことをするように、というマクラーレンからのプレッシャーを感じてはいないという。

「現時点では、トップ3を狙っている」とノリスは話した。

「たとえ良いスタートを切れなくても、良い終わり方ができなくても、それでもトップ3を狙っていく」

「それに、これは僕が勝たなければならないチャンピオンシップではない。マクラーレンは僕に勝って欲しいとは思っているけどね」

「彼らは僕ができるだけ多くのことを学び、経験し、まるでF1ドライバーとしてエンジニアに物事を伝えるかのように(F2でも)やっていくことを望んでいる」

「だからもし今後数年の間にF1へステップアップするチャンスを得ることができれば、その時僕はすでに自分が必要とするレベルに到達しているはずだ」

 カーリンは2017年にはF2に出場しておらず、2016年以来のシリーズ復帰となる(当時の名称はGP2)。ノリスは、チームが完全に速さを手に入れるまでには時間がかかると考えているが、2018年に優勝することを狙っていると述べた。

「僕には自信があるし、もちろんカーリンというチームにも自信を持っている。だけど間違いなくトリッキーになるだろう。特にシーズン序盤はね」

「他のチームと比べて、僕たちがどのあたりにいるのかというのは本当にわからない。だけど昨年、(ヨーロッパF3では)僕たちはシーズンの途中からとても強くなった。今年ももう一度それを狙っている」

「優勝というのが僕が狙っていく目標だと思う。序盤でそれが叶うかもしれないし、終盤にそうなるかもしれない」

「結局のところ、僕はチャンピオンシップを獲りたい。最初の数レースを戦えば、自分たちがどのあたりにいるのかがわかるだろう。そうすれば、このシーズンの目標が何なのかと言うのがもっと簡単になるはずだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ FIA F2
ドライバー Lando Norris
チーム Carlin
記事タイプ 速報ニュース