F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
MotoGP
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
2 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
10 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
3 days

松下信治、完璧な戦いぶりで今季2勝目「日曜日も表彰台のチャンスがある」

シェア
コメント
松下信治、完璧な戦いぶりで今季2勝目「日曜日も表彰台のチャンスがある」
2019/09/08 5:14

FIA F2選手権のモンツァ戦レース1で勝利を収めた松下信治。日曜日に行われるレース2でも、表彰台を狙えるチャンスがあると語る。

 FIA F2のモンツァラウンド、そのレース1で松下信治(カーリン)が優勝。今季2勝目を挙げた。

Read Also:

 松下は予選で5番グリッドを獲得。素晴らしいスタートを決めて、第1シケインまでに3番手に上がると、1周目には2番手まで浮上。その後、先頭を行くカラム・アイロット(チャロウズ)を交わすと、レース後半はしっかりとタイヤをマネジメントし、トップチェッカーを受けた。

「まず第一に、僕はこの週末、フリー走行から予選まで、本当に良いマシンを手にしていました。残念ながら昨日はミスを犯してしまいましたけど、幸運なことに最終的には5番グリッドを手にできました」

 松下はレース後の記者会見でそう語った。

「(レースでは)僕は良いスタートを切り、3番手まで上がることができました。それほどプッシュしなかったんですけど、(周)冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)がターン1でミスを犯したので、僕は2番手に上がりました」

「カラム(アイロット)はすごくプッシュしていたので、レースの最後には厳しくなると思っていました。だから、僕は待っていたんです」

「僕はいつものように、自分のタイヤを労わることに集中していただけです。結局のところ、それは良い戦略でした」

 松下はソフトタイヤでスタートし、その後ミディアムタイヤに履き替えた。しかしルカ・ギオット(ユニ-ヴィルトゥオーシ)はミディアムタイヤでスタートするという逆の戦略を採り、好ペースで走った。松下にとってのこのレースでの最大のライバルは、このギオットになった。

「ルカが後ろにいて驚きました。26周目か27周目だったかは覚えていませんが、僕は『うわー、ルカがすごいペースだ!』と思ったんです。僕は冷静さを保とうとして、それができたと思います。ミスを犯さなかったのも良かったです」

 松下はこの勝利により、周冠宇を抜き、ランキング6番手に浮上。スーパーライセンスの獲得に必要なランキング4位以上を目指す松下にとって、非常に貴重な勝利となった。

 そして日曜日に行われるレース2でも、表彰台を狙うチャンスがあると、松下は語る。

「そう思います。8番手からのスタートになりますが、スタートが全てだと思っています。そして、タイヤを労わることも重要です。でも、明日も表彰台を狙えるチャンスがあります」

Read Also:

次の記事
【動画】2019年F2第10戦モンツァ レース1ハイライト

前の記事

【動画】2019年F2第10戦モンツァ レース1ハイライト

次の記事

F2モンツァ・レース2:エイトケンが今季3勝目。松下ペナルティで3位は幻に

F2モンツァ・レース2:エイトケンが今季3勝目。松下ペナルティで3位は幻に
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F2
イベント Monza
サブイベント Race 1
ドライバー 松下 信治
チーム カーリン